人生にゲームをプラスするメディア

レベルファイブ、『レイトン教授と魔人の笛』完成披露会に入場できなかった件ついてお詫びを発表

レベルファイブは、昨日11月25日に東京国際フォーラムで行われた『レイトン教授と魔神の笛』完成披露会について、お詫びを掲載しました。

任天堂 DS
レイトン教授と魔神の笛
  • レイトン教授と魔神の笛
レベルファイブは、昨日11月25日に東京国際フォーラムで行われた『レイトン教授と魔神の笛』完成披露会について、お詫びを掲載しました。

この完成披露会は、1000人のユーザーをも招待するというイベントでしたが、当選者全員が会場に入れなかったことが問題になり、急遽別室でからの対応になりましたが、それでも入れなかった人が出てしまいました。

レベルファイブは「ご来場頂きました一般ユーザーの皆様へは、『レイトン教授と魔神の笛』製品版ソフトをお持ち帰り頂いております。ご来場頂きました皆様方に大変ご迷惑をお掛け致しましたこと、重ねてお詫び申し上げます」とお詫び分を公式サイトに掲載しました。

会場に入れなかった人もお土産は貰えたとの事で、手ぶらで帰ることは避けられました。楽しみにしていたファンには残念でしたが、ゲームをプレイしてレイトンを楽しみましょう。

なお、東京国際フォーラムCホールを調べてみると、客席は3層構造で座席数は1502席。ユーザー招待枠が1000席だとしても500席は余裕があります。関係者や報道陣の席がその502席の中にあるとはいえ、ユーザーが入れない事態は起こりえないと思うんですね。いったいどこで手違いが発生したのでしょうか。1ファンとして、今後はこのような事が無いことを願います。
《》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

    『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  2. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

    『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  3. 『ポケモンレジェンズ』に続編が出るとしたら舞台は「カロス地方」!?キーワードは“戦争”か…

    『ポケモンレジェンズ』に続編が出るとしたら舞台は「カロス地方」!?キーワードは“戦争”か…

  4. 『ポケモン』最新作“スカーレット”は、2009年には商標登録されていた!他には“ヴァーミリオン”なども確認

  5. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

  6. 『遊戯王 マスターデュエル』で人気の可愛いカードは?3位「ブラマジガール」、2位「閃刀姫」、1位は貫禄の“ドヤ顔”

  7. 『あつまれ どうぶつの森』風呂やプールに入る裏技が発見される!?いろいろな家具の中に入ってみた

  8. 『桃鉄』ソロプレイ全物件制覇こそ、“おうち時間”を最高に楽しむエンドコンテンツ!ワンミスで資産が吹き飛ぶ地獄のサバイバル100年を生き延びろ

  9. 『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

  10. 『星のカービィ スターアライズ』いくつ知ってる?小ネタ10選【ネタバレ注意】

アクセスランキングをもっと見る