人生にゲームをプラスするメディア

持ちやすくなったDSi LLを色々に比較<図解>

既報の通り、任天堂はニンテンドーDSiの新バージョンとして、画面を大型化した「ニンテンドーDSi LL」を2009年11月21日より投入すると発表しました。

任天堂 DS
持ちやすくなったDSi LLを色々に比較<図解>
  • 持ちやすくなったDSi LLを色々に比較<図解>
  • 持ちやすくなったDSi LLを色々に比較<図解>
  • 持ちやすくなったDSi LLを色々に比較<図解>
  • 持ちやすくなったDSi LLを色々に比較<図解>
  • 持ちやすくなったDSi LLを色々に比較<図解>
  • 持ちやすくなったDSi LLを色々に比較<図解>
  • 持ちやすくなったDSi LLを色々に比較<図解>
  • 持ちやすくなったDSi LLを色々に比較<図解>
既報の通り、任天堂はニンテンドーDSiの新バージョンとして、画面を大型化した「ニンテンドーDSi LL」を2009年11月21日より投入すると発表しました。

発表は数日前から噂されていて「画面サイズは4インチに」という情報がありました(実際には対角4.2インチ)。そこでインサイドでは「DSの画面サイズが4インチになったらどうなるか?」という予想図を用意しました。

正式発表によれば、サイズは横161.0mm 縦91.4mm 厚さ21.2mm。まずはインサイド予想と比較してみましょう。

インサイド試作品 横16cmインサイド試作品 縦9cmサイズを比較


ということで、予想と正式発表はほぼ同一という結果になりました。ワイドスクリーンになるのでは?という予想もありましたが、一般的な想定の枠を超えない製品であったとも言えるかもしれません。「DSi LL」という名称からも分かるように、DSの新バージョンではなく、あくまでもDSiのマイナーバージョンアップ版という位置づけも伺えます。画面サイズ以外に大きな変更点もありません。

以下では現行のDSiとの比較も掲載します。かなり大きくなった印象がありますが、実際に手に持ってみると、持ちやすい感触でした(初代DSとほぼ同一サイズですので当然と言えば当然ですが)。

持ってみました現行DSiと並べてみたところWiiのパッケージとの比較
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

    『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  2. 「モンスターボールPlus」使ってみてどうだった?【読者アンケート】

    「モンスターボールPlus」使ってみてどうだった?【読者アンケート】

  3. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

    スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  4. 『ポケモンGO』『ポケモン ピカ・ブイ』発売記念イベントが開始―メルタンのスペシャルリサーチも!

  5. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  6. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  7. ディレクター増田氏はどちら派!?『ポケモン ピカ・ブイ』発売記念イベントレポ

  8. 『スマブラSP』は最高傑作になるか? 本作の気になる8つのポイント

  9. 『スマブラSP』DLCで参戦してほしいファイターは誰?【読者アンケート】

  10. 『スプラトゥーン2』タコamiiboがおすすめすぎる6つの理由 ─ 今は空前のひれおブーム!

アクセスランキングをもっと見る