人生にゲームをプラスするメディア

【DCEXPO2009】ゲームの未来は立体視? 各社が取り組みを展示

ゲームビジネス 開発

【DCEXPO2009】ゲームの未来は立体視? 各社が取り組みを展示
  • 【DCEXPO2009】ゲームの未来は立体視? 各社が取り組みを展示
  • 【DCEXPO2009】ゲームの未来は立体視? 各社が取り組みを展示
デジタルコンテンツエキスポ2009の「国際3D Fair」では、立体視によるゲームも出展されていました。

その1つがバンダイナムコゲームスのブースで展示されていた『Invincible Tiger: The Legend of Han Tao』です。8月26日にXbox Liveアーケードで配信が始まった、Xbox Liveアーケードで初めての立体視ゲームで、主人公のタイガーとなって、カンフーの多彩な技を駆使して敵を倒していくアクションアドベンチャーです。

開発はイギリスの Blitz Gamesで、「プリンスオブペルシャ」のような滑らかなキャラクターアニメーションと腰の入ったアクションゲームの要素が巧みに融合しており、古代の中国を舞台に、要塞や海賊船など6種類のステージが楽しめます。価格は1200MSポイントで、2人で協力プレーもできます。

ゲーム画面は2Dの横スクロール形式ですが、ステージに格闘ゲームの「餓狼伝説」のように複数のラインがステージに設定されており、建物の中で戦いつつ、手前の庭に降りて木に登り、再び奥の屋根にジャンプして戦う、といった立体的なアクション体験が楽しめます。確かに立体視で遊ぶとステージが前後にグッと広がって、それだけで新鮮な感覚でした。また手前遠くの距離感が良くわかり、より自然なプレイが楽しめました。

本作の立体視モードは「デジタル3D」と「アナグリフ3D」の2種類が選べます。前者ではデジタル3D表示に対応したディスプレイと偏光式3Dメガネが必要で、ヒュンダイ製の立体テレビなどに対応しています。後者では赤・青などの色のついた、市販品のアナグリフ式3Dメガネで遊べます。もちろん通常の2Dモードでもプレイできます。

もう1つがNVIDIAブースで、スクウェア・エニックスのアクションアドベンチャー「バットマン アーカム・アサイラム」の立体視デモが行われていました。システムはハイエンドグラフィックボード「GTX 280」を搭載したPCと、ソリッドレイ研究所の3Dプロジェクター「Sight3D」の組み合わせで、同じくNVIDIA製のアクティブシャッター式3Dメガネ「3D Vision」をかけて楽しめます。

この方式だと既存の全ての3Dゲームが立体視で楽しめます。3Dゲームのはずのバットマンが、3Dメガネをかけると立体に浮き上がり、より派手なアクションが楽しめました。同社では立体視ゲームなどが家庭で楽しめるNVIDIA 3D Visionを展開しており、350本以上のゲームに対応しています。

ソニーが来年から立体視対応BRAVIAの提供を始めるなど、立体視ゲームは現在、非常にホットな話題の一つです。ただし対応ディスプレイを購入しなければならないのがネック。また何でも立体視にすればいいというものでもなく、立体視に最適化されたゲームデザインが求められます。ここはぜひ、まずアーケードゲームの大型筐体モノから、手軽に楽しめるようになりませんかね?
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

    「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  2. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

    【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  3. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

    【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  4. PSVR『クーロンズゲートVR』始動! あの「九龍城」が蘇る

  5. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  6. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

  7. スマホゲームのマーケティング専門家集団、AppBroadCastが目指す「脱・リワード依存」

  8. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  9. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

  10. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

アクセスランキングをもっと見る