人生にゲームをプラスするメディア

【東京モーターショー2009】FT-86を「試乗」してみた~クルマライターが見た『グランツーリスモ5』

トヨタとスバルが共同開発したというFT-86という車をご存じでしょうか。スバルの水平対向エンジンを搭載した2シーターのスポーツカーで、「86」という数字が意味するところは、野球でいうなら松井の背番号55やイチローの51といったところでしょうか。

ソニー PS3
【東京モーターショー2009】FT-86を「試乗」してみた~クルマライターが見た『グランツーリスモ5』
  • 【東京モーターショー2009】FT-86を「試乗」してみた~クルマライターが見た『グランツーリスモ5』
  • グランツーリスモ5
  • 【東京モーターショー2009】FT-86を「試乗」してみた~クルマライターが見た『グランツーリスモ5』
  • グランツーリスモ5
  • 【東京モーターショー2009】FT-86を「試乗」してみた~クルマライターが見た『グランツーリスモ5』
  • グランツーリスモ5
  • 【東京モーターショー2009】FT-86を「試乗」してみた~クルマライターが見た『グランツーリスモ5』
  • グランツーリスモ5
トヨタとスバルが共同開発したというFT-86という車をご存じでしょうか。スバルの水平対向エンジンを搭載した2シーターのスポーツカーで、「86」という数字が意味するところは、野球でいうなら松井の背番号55やイチローの51といったところでしょうか。

伝説となっているトヨタのFRスポーツカー「AE86」(カローラ/スプリンターのスポーツモデルの車両型式)を継承するFT-86を都内の国道246号線でいち早く「試乗」できました。

といっても、場所は千葉の幕張です。なんのことかというと、幕張メッセで開催されているモーターショーにソニーがブースを出していて、2010年に発売予定の『グランツーリスモ5』のデモを行っているのですが、そこで会場限定でFT-86をゲーム機で体験できるというものです。

車は、マニュアルトランスミッションとオートマチックが選べます。今回は両方とも試すことができました。時間などが限られるため、走り込むというまでにはいきませんでしたが、ゲームは十分に楽しめました。

まず、マニュアル車でのトライです。いまさらGT5のリアルさを解説するまでもないですが、FRならではのステアリングの難しさをすぐに体感できるでしょう。直線でもラフなハンドル操作は禁物です。走行のガイドラインをなるべくキープするように慎重な操作が重要です。シフトはレバーとパドルの両方が使えます。FRですが水平対向エンジンによる低重心のおかげかサスペンションの機能によって、コーナリングではどちらかというとアンダーステア気味な動きをします。しかし、アクセル操作やステアリングをラフに扱うとすぐにリアがブレークしてしまいます。オーバーステアになったと思ってからの操作では間に合いません。あくまで、リアの動きを予想した、あるいは制御した操作が必要です。

また、実車に近いシミュレーションということで、シフトもボタンやレバーを操作すれば必ず反応するというわけではありません。マニュアルモードでも車速や回転数などによってはギアチェンジできないことがありました。

オートマチックモードは、ステアリングとアクセス操作に集中できるため、いくぶん簡単になりますが、落とし穴もあります。高い車速をキープできるので、その分ステアリング操作などを誤るとすぐにスピンしたり、速度オーバーでアンダーステアのまま壁に激突したりして、かえってラップタイムを落としてしまいます。

FT-86はトヨタの車ですが、高速域での運転のむずかしさ、じゃじゃ馬っぽさはひょっとするとスバル車の顔を持っているのかもしれませんが、残念なのは、実車のFT-86には当然乗ったことがないので、本物と比べてどれほど高い精度で特性を反映しているのかが、正直判断できません。でも、逆に本物のFT-86を運転してみたくなりました。
《中尾真二》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『原神』その原石、今使って本当に大丈夫? 「甘雨」や「魈」「神里綾華」など、今後の実装に期待の高まる7キャラを紹介【特集】

    『原神』その原石、今使って本当に大丈夫? 「甘雨」や「魈」「神里綾華」など、今後の実装に期待の高まる7キャラを紹介【特集】

  2. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【1月15日】─3件の抽選販売が展開、新たな受付を「ドン・キホーテ」が予告

    今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【1月15日】─3件の抽選販売が展開、新たな受付を「ドン・キホーテ」が予告

  3. なかなか会えない地元の友人と『マインクラフトダンジョンズ』で再会ークロスプレイはゲーム機の垣根はもちろん、年月さえも超える力がある

    なかなか会えない地元の友人と『マインクラフトダンジョンズ』で再会ークロスプレイはゲーム機の垣根はもちろん、年月さえも超える力がある

  4. 『ライザのアトリエ2』DLC第1弾「レシピ拡張パック」&「追加マップ」配信―第2弾以降の「水着衣装」なども要チェック!

  5. 【UPDATE】【特集】メトロイドヴァニアってどんなゲーム?虫やロボットが活躍する最新作から、押さえておきたい往年の名作までおすすめ5選

  6. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  7. 『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

  8. 流行りのマルチプレイゲームで友達とオンラインでも一緒に遊ぼう!これさえプレイすれば盛り上がること間違いなしの人気タイトル5選

  9. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  10. 『モンハン:ワールド』もうキャンプ送りはイヤだ! 初心者がモンスターを狩るための10ヶ条【特集】

アクセスランキングをもっと見る