人生にゲームをプラスするメディア

『極限脱出 9時間9人9の扉』、四葉の兄「ニルス」、暗号の専門家「八代」のプロフがあきらかに

スパイクは2009年10月14日(水)に、ニンテンドーDSソフト『極限脱出 9時間9人9の扉』の最新情報を公開しました。

任天堂 DS
極限脱出 9時間9人9の扉
  • 極限脱出 9時間9人9の扉
  • 極限脱出 9時間9人9の扉
  • 極限脱出 9時間9人9の扉
  • 極限脱出 9時間9人9の扉
  • 極限脱出 9時間9人9の扉
  • 極限脱出 9時間9人9の扉
  • 極限脱出 9時間9人9の扉
  • 極限脱出 9時間9人9の扉
スパイクは2009年10月14日(水)に、ニンテンドーDSソフト『極限脱出 9時間9人9の扉』の最新情報を公開しました。

『極限脱出 9時間9人9の扉』は、謎に包まれた見知らぬ場所からの脱出をテーマに、密室に張りめぐらされた謎を解き、そこから脱出する方法についてプレイヤー自身が模索する、思考型パズルゲーム。ゲームはノベルパートと脱出パート、ミニゲームから成り立っており、ハリウッド映画の「キューブ」「ソウ」を思わせる、サスペンスフルで緊迫感に満ちたストーリーが展開されます。



主人公は大学に通う青年、淳平。平凡な毎日を過ごしていた彼が目を覚ますと、そこは沈みゆく客船でした。ここに閉じ込められたのは淳平をはじめとした9人。9時間以内に謎の場所から脱出しなければ、船は沈没し、彼らはすべて死ぬことになる。それが、謎の人物「0(ゼロ)」が仕掛けてきた死のゲーム【ノナリーゲーム】だったのです。



コードネーム「ニルス」の腕輪(バングル)についた番号は2。知的でクール。常に穏やかで、いかなる物事に対して冷静に対処する性格のようです。四葉の兄であり、常にともにいるため、ナンバリングドアをくぐり抜けるときに、ニルス(2)と四葉(4)の存在が鍵になるかもしれません。



コードネーム「八代」はバングルナンバー8。40代(自称)のPCプログラマーであり、暗号技術の専門家とのこと。一人娘が存在したが、9年前に誘拐され、行方不明になっているそうです。ふだんは冷静だが、かっとしやすい一面もあり、彼女の知識と性格も、物語の行方を左右しそうです。



9人が連れてこられた船内には、1~9までの数字が書かれたドアが存在します。それが「ナンバリング・ドア」。9時間後に沈む船から脱出するには、「9」と書かれた扉を、ノナリーゲームのルールに従いくぐり抜けなければなりません。



ナンバリングドアを開けるため、敵か味方か判別つかないンバー達との心理戦が繰り広げられます。ナンバリングドアには、必ずRED<Recognition Device>という認証装置が取り付けられています。扉を開くには、ノナリーゲームのルールに従い、数字根が扉に書かれた数字と同じになるメンバーがREDで認証を行う必要があります。

一方、DEADとは、<Deactivation Device>解除装置のこと。DEADはナンバリングドアの向こう側に設置されていて、バングルに仕込まれた時限起爆装置を停止させるときに使用します。この時限装置は、ナンバリングドアを通過すると無条件で作動するため、停止させるには、REDで認証を受けた者全員が、DEADで認証を行わなければならず、REDでの認証後何もしなければ、81秒後に爆発します。REDで認証を受けていない者は、DEADで認証を行うことはできないため、その人物がナンバリングドアを通過すれば、81秒後に間違いなく爆死することになります。





たとえば淳平(5)と紫(6)は幼馴染み同士、ニルス(2)と四葉(4)は兄妹なので、行動をともにしたい気持ちが強固です。ただし、扉の数字によっては必ずしも行動をともにできないことも出てきます。そのとき淳平の取る行動とは? さまざまな局面で現れる選択肢により、物語や人間関係に変化が現れます。



また今回、新たに密室の設定画が公開されました。今回の密室は、それ自体に複数の部屋を有しています。鍵を手に入れてもそれで終わりではありません。その鍵で開けることができる扉の向こうにある謎に更に挑戦し、最終的に密室から脱出するための謎に挑戦することになります。



『極限脱出 9時間9人9の扉』は2009年12月10日発売予定で、価格は5,040円(税込)です。

(C)2009 CHUNSOFT
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「噂の『新型ニンテンドースイッチ』に期待する新要素は?」結果発表―価格低下や性能強化、サイズ変更など様々な変化が望まれる!【読者アンケート】

    「噂の『新型ニンテンドースイッチ』に期待する新要素は?」結果発表―価格低下や性能強化、サイズ変更など様々な変化が望まれる!【読者アンケート】

  2. カプコンのスイッチ向け人気タイトルがBest Price版になって発売決定!『モンハンXX』『ウルストII』の2作品

    カプコンのスイッチ向け人気タイトルがBest Price版になって発売決定!『モンハンXX』『ウルストII』の2作品

  3. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  4. スイッチ版『Diablo III: Eternal Collection』の本体バンドルが海外発表! 専用キャリングケースも付属

  5. 2on2のバスケットボールゲーム『NBA 2K プレイグラウンド2』発売―自由自在にコートを跳び回れ!

  6. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  7. 『ドラゴンクエストビルダーズ2』かつてゴールドラッシュにわいた「オッカムル島」が公開!地下には謎の古代神殿がそびえる…

  8. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  9. ニンテンドースイッチの新型が2019年後半に発売か―事情を知る複数の関係者が明らかに

  10. “本気のオタク”であれ――『ファミスタ』プロデューサーが語るゲーム業界を目指す人の心構えとは

アクセスランキングをもっと見る