人生にゲームをプラスするメディア

『ディシプリン』に見る配信ゲームも求められる遊びやすさ・・・「小野憲史のゲーム評評」第7回

任天堂 Wii

ディシプリン*帝国の誕生
  • ディシプリン*帝国の誕生
  • ディシプリン*帝国の誕生
  • ディシプリン*帝国の誕生
  • ディシプリン*帝国の誕生
  • ディシプリン*帝国の誕生
  • ディシプリン*帝国の誕生
  • ディシプリン*帝国の誕生
『アクアノートの休日』などで知られる、飯田和敏さんの最新作『ディシプリン*帝国の誕生』の配信が始まりました。

公式サイトでは一足先にプレイした体験者の映像が配信され、僕もちらっと登場しています。「ゲームができたから遊びにおいで」と言われ、のこのこ出かけていったらカメラが待っていたという、前例のない「ノーアポ逆取材」だったのでした。

ちなみに、僕のコメントを少し補足すると、「ゲーム中のある特定の操作方法が、画面を見ただけでは気がつきにくい」と言っているんです。ゲーム自体は良くできていて、おもしろかったので、ご心配なく。架空の収容施設が舞台という、Wiiウェアならでは、そして飯田さんならではのゲームになっています。

ところが、別の体験者は僕がつまずいた操作は難なく理解したものの、ほかの場面でつまづいていました。「マニュアルを読まずに、誰でも遊べる」ゲーム作りが、いかに難しいか改めて実感でき、勉強になりました。ちなみに、これらの箇所は、ちゃんとマニュアルでフォローされるそうなので、ご安心ください。

ただ、Wiiウェアはインターネット配信ゲームなので、説明書もテレビ画面に表示されるだけなんですよね。ダウンロード配信では、さまざまなコストが削減できる一方で、マニュアルレスなゲーム作りが、ますます重要になりそうです。Wiiウェアなどの比較的シンプルなゲームならまだしも、フルサイズのゲームなら、なおさらでしょう。
 
一方で今年はXbox360でゲームがダウンロード購入できる「ゲーム オン デマンド」サービスがはじまり、今秋にはPSP goも発売と、本格的なダウンロード配信の元年となりました。こうした丁寧なゲーム作りは、日本ならではと言われたものですが、最近はどうでしょうか? ぜひとも、この良さを継承していって欲しいと思います。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選!新ルールのバトル前にはこれを読め!

    『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選!新ルールのバトル前にはこれを読め!

  2. 『スプラトゥーン2』Ver.2.1.0ではステージに大きな変化があった!詳細&バトルで重要なポイントをチェック

    『スプラトゥーン2』Ver.2.1.0ではステージに大きな変化があった!詳細&バトルで重要なポイントをチェック

  3. ピカチュウも歴代ボスと“わるだくみ”!?「レインボーロケット団の野望」キャンペーンが1月20日より開催

    ピカチュウも歴代ボスと“わるだくみ”!?「レインボーロケット団の野望」キャンペーンが1月20日より開催

  4. 『ゼノブレイド2』アプデ内容と共に、一周目では未加入のブレイドが仲間になるなど、「二周目要素」の詳細が公開!

  5. 『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』コロコロコミック2月号で幻のポケモン「アルセウス」がプレゼント!

  6. 女装キャラコンテスト2017結果発表!1位に輝いた女装男子は彼!【読者アンケート】

  7. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  8. 3DS向けVC版『ポケモン クリスタルバージョン』が2018年1月26日に配信―「セレビィ」がモバイルアダプタ無しでGET可能!

  9. もし1980年代にシュタゲがあったら?―スイッチ版『シュタインズ・ゲート エリート』にファミコン風ADVが特典で付属!

  10. 破滅の書を手にした少女たちの運命は…ニンテンドースイッチ『Dear My Abyss』が2018年初頭配信開始!

アクセスランキングをもっと見る