人生にゲームをプラスするメディア

「間口が広く、奥が深い」が実現できた『モンハン3』 ・・・「小野憲史のゲーム評評」第6回

Wiiの大作『モンスターハンター3(トライ)』が発売されました。初回出荷で100万本を達成と、さすがの貫禄でしょうか。僕も「クラシックコントローラーPRO」とセットで購入して、ハンター生活にいそしんでいます。

ゲームビジネス 開発
Wiiの大作『モンスターハンター3(トライ)』が発売されました。初回出荷で100万本を達成と、さすがの貫禄でしょうか。僕も「クラシックコントローラーPRO」とセットで購入して、ハンター生活にいそしんでいます。

実はこれだけ大ヒットしているシリーズにもかかわらず、これまで「モンハン」を本格的に遊んだことって、なかったんです。一度PSP版の「2ndG」オフ会に誘われたんですが、十分に楽しめませんでした。基本操作が、わからない。エリア間の移動ルートが、わからない。フィールド上のモンスター名が、わからない。ホントにホントに、弱りました。

ところが、「そうだよね、モンハンって不親切だよね」と、みんな嬉しそうに同意するんです。その上で「もう少し遊んでみたら? 絶対にハマるから」と擁護するんですよ。この受け答えが面白いなあと感じたのを覚えています。

そういえば日本でiPhoneが出たときも、初期購入者はみんな嬉しそうに、iPhoneをけなしながら、愛用していたものでした。その後OSのアップデートが続いて、使い勝手が改善され、iPhone 3GSの発売と共に、ずいぶん周囲で見かけるようになりました。かくいう僕もiPhone 3GSからのユーザーです。

「3」も、チュートリアルが懇切丁寧にできていて、僕もやっと「モンハン」のおもしろさが理解できました。Wii版ということで、かなり初心者向けに配慮されていますね。さすが「トライ」と読ませるだけのことはあります。とはいえ初代からのユーザーにすれば、昔はもっと殺伐としていて、ずいぶん甘くなったという声も聞かれました。

シリーズを続けながら、遊びにくさを解消していき、間口を広げていくのは、『ストリートファイターII』以来の同社の伝統です。「3」のヒットの次は、PSP版の新作投入でしょうか? ともあれ、今後もより一層「間口が広く、奥が深い」内容を期待しています。


小野憲史のゲーム評評」はGameBusiness.jpにて好評連載中です。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 金沢美術工芸大、栄誉賞の第1号を宮本茂氏に贈呈

    金沢美術工芸大、栄誉賞の第1号を宮本茂氏に贈呈

  2. 3D仮想空間「セカンドライフ」の生みの親、新たなVR仮想空間の最新デモ動画を公開

    3D仮想空間「セカンドライフ」の生みの親、新たなVR仮想空間の最新デモ動画を公開

  3. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  4. 【GDC2012】Folditに続け!塩基配列を元にしたシリアスゲーム「Phylo」とは?

  5. 【CEDEC 2009】「慣れると死ぬぞ」富野由悠季氏がゲーム業界に向けた厳しくも優しい言葉

  6. 【週間売上ランキング】『街へいこうよ どうぶつの森』が初週30万本で1位(11月17日〜23日)

  7. GALAXのVR HMD「VISION」1月22日発売…1080Pに対応し、視野角は100度

  8. VRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』バトル映像が公開…実際に腕を動かし、ボスを斬る!

  9. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  10. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

アクセスランキングをもっと見る