人生にゲームをプラスするメディア

コナミ、第1四半期は注目タイトルがないものの堅調な業績

コナミは平成22年度 第1四半期業績を発表しました。

ゲームビジネス 市場
コナミは平成22年度 第1四半期業績を発表しました。

売上高は559億7500万円(前年同期比-20.9%)、営業利益は10億円(-91.4%)、純利益は9億0400万円(-92.3%)となり、大作の『METAL GEAR SOLID 4: GUNS OF PATRIOTS』のあった前年同期と比較して大幅な減収減益となりました。

デジタルエンタテインメント事業では、売上高が246億円(前年同期 449億円)、営業利益が15億円(132億円)となりました。トピックとしては、ワールドベースボールクラシックを体験できるモードを搭載した野球ゲームを発売したほか、「遊戯王トレーディングカードゲーム」が堅調でした。今後はE3で発表した『METAL GEAR SOLID』シリーズ2作品や、『ウイニングイレブン』『サイレントヒル』などのタイトルが予定されています。

健康サービス事業では、運営施設が6施設増加、健康関連商品のカタログ販売なども開始しました。ゲーミング&システム事業では、北米市場でスロットマシン、「コナミ・カジノ・マネジメント・システム(KCMS)」やパーティシペーションによる販売が堅調でした。また、豪州でも順調に推移し、収益が改善しました。いずれの事業も営業利益を計上しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  2. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

    『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  4. 【NDC17】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  5. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

  6. 任天堂、CSRレポート2009を公開・・・「任天堂に関わるすべての人を笑顔にする活動」

  7. USJのVRジェットコースター「XRライド」がヤバ過ぎる…レールのない空間を走り、前振りなく急落下する

  8. 汎用2Dアニメーション作成ツール「SpriteStudio」最新バージョンの新機能とは【CEDEC 2018】

  9. 「Gear VR」レンタルがDMMで開始、3日間で5,000円

  10. 今週発売の新作ゲーム『ソウルキャリバーVI』『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』『DARK SOULS REMASTERED』『無双OROCHI3』他

アクセスランキングをもっと見る