人生にゲームをプラスするメディア

コーエーテクモ 第1四半期業績を発表・・・メディア・ライツ事業など好調

ゲームビジネス 市場

コーエーテクモホールディングスの発表した平成22年3月期 第1四半期業績は、売上高が69億7000万円、営業損失が5億1900万円、経常損失が1億9300万円、純損失が1億0200万円と市場の低迷を反映した結果になりました。

ゲームソフト事業では、『真・三國無双5 Empires』(PS3/Xbox )を世界で発売し好調だったほか、日本国内では『楽勝!パチスロ宣言6』(PS2)が堅調でした。また、昨年国内で発売した『ガンダム無双2』(PS3/PS2/Xbox360)や『真・三國無双 MULTI RAID』(PSP)が海外で発売され、好評でした。ただし、主力タイトルが下期になるため、開発費が先行し、売上高44億1500万円、営業損失5億1700万円という結果でした。

オンライン・モバイル事業はPS3として初の3D・MMORPG『大航海時代 Online ~Cruz del Sur~』を発売したほか、中国では『DOA ONLINE』の正式サービスが開始されています。第2四半期以降も『DOA ONLINE』『三国志 Online』の台湾でのサービス開始など、積極的な海外展開を進めていくとのこと。モバイルコンテンツでもiPhone向けに初めて3タイトルのアプリを投入するなどの展開を行っています。売上高は11億0600万円、営業損失1億1400万円という結果でした。

その他の事業ではTVアニメ「金色のコルダ ~secondo passo~ 第2楽章」などが好評を受けたメディア・ライツ事業や、パチスロ機向け液晶画面ソフト「Rio2 クルージング・ヴァナディース」、パチンコ機向け液晶画面ソフト「CR笑ゥせぇるすまん」をリリースしたSP事業が好調でした。

通期の業績予想は修正せず、売上高430億円、営業利益74億円、経常利益84億円、純利益47億円を見込んでいます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

    【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

  2. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

    あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  3. VR空間でプラモ製作が楽しめる『Monzo VR』配信開始、作った車への搭乗も可能

    VR空間でプラモ製作が楽しめる『Monzo VR』配信開始、作った車への搭乗も可能

  4. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  5. カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

  6. 「Project i Can」コヤ所長&タミヤ室長が語る「アニメIPのVRコンテンツ創りに大切なこと」

  7. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  8. スクウェア・エニックスが3Q連結決算発表―スマホ好調、『FF15』など大作も投入

  9. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  10. ゲーム会社が本気でスマホソーシャルゲームに挑む、サイバーコネクトツー『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』・・・第1回「3Dモバイルゲーム新時代」

アクセスランキングをもっと見る