人生にゲームをプラスするメディア

『ドンキーコング』に未発見の裏ワザ−26年目に初の発見(但しATARI版)

任天堂 その他

『ドンキーコング』に26年も見つからなかった裏ワザがありました。

対象となるのはATARI 400及び800用に移植された『ドンキーコング』。
ハイスコアを37000点、73000点、77000点のいずれかにした状態で残機(マリオ)を全てなくします。最後のマリオはタルにぶつかるのではなく、落下してミスしなければならないため注意して下さい。その後ゲーム難度を「4」に設定してオプションボタンを3回押せば準備完了。そうするとデモにプログラマーLandon Dyer氏のイニシャル「LMD」が表示されるとのことです。



発見のきっかけとなったのはDyer氏のBlog。

1981年、アタリの『Centipede』から着想を得た「Myriapede」をコンテストに応募したDyer氏ですが、これを切っ掛けに『ドンキーコング』の移植を依頼されます。クリスマスにはゲームが欲しいというマーケティングに従い、氏は150日でのプログラミング計画を立案。徹夜の連続でゲームの発売に漕ぎつけたといいます。
氏の「裏ワザを仕込んだが詳しい出し方は忘れた」という発言から裏ワザ探しが始まり、26年目の新発見となった訳です。

ゲームの攻略には全く関係がない微笑ましい裏ワザですが、かなり複雑な条件となっており、26年間見つからなかった理由も納得できます。お馴染みのレトロゲームにも、こうした未発見の裏ワザが多数存在しているのかも知れませんね。
《水口真》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』イカとタコ、どっちを使ってる?【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』イカとタコ、どっちを使ってる?【読者アンケート】

  2. スイッチを「縦画面持ち」できるグリップがKickStarter開始ー既に700万円以上を集め目標金額を達成

    スイッチを「縦画面持ち」できるグリップがKickStarter開始ー既に700万円以上を集め目標金額を達成

  3. 『フォートナイト』PvE新マップ「キャニー・バレー」が間もなく実装―緑の少ない乾燥地帯に

    『フォートナイト』PvE新マップ「キャニー・バレー」が間もなく実装―緑の少ない乾燥地帯に

  4. 『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』60もの小ネタを一挙に紹介―懐かしのゲーム機や玩具などが隠れてる!?

  5. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  6. 『スプラトゥーン2』Ver.3.1.0の注目ブキ8選

  7. 『スプラトゥーン2』好きなスペシャルウェポン投票はなんとマルチミサイルが圧勝!【読者アンケート】

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  9. 『ポケットモンスター』カントー地方で好きだったジムリーダーは誰?【読者アンケート】

  10. 【特集】『星のカービィ』シリーズ、絶対に忘れられないシーン10選

アクセスランキングをもっと見る