人生にゲームをプラスするメディア

海外ゲーマーが選ぶ「ゲームで最も見覚えのあるアイコンベスト5」

「ゲームで最も見覚えのあるアイコンベスト5」という記事が海外ゲームサイトGAMER LIMITで発表されています。ここでのアイコンはPCのデスクトップを飾るあれのことではなく、ゲームを象徴するデザインといった意味でしょうか。海外ゲーマーが考えるゲーム的な象徴とは一体なにか。さっそく5位から見ていきましょう。

ゲームビジネス その他
「ゲームで最も見覚えのあるアイコンベスト5」という記事が海外ゲームサイトGAMER LIMITで発表されています。ここでのアイコンはPCのデスクトップを飾るあれのことではなく、ゲームを象徴するデザインといった意味でしょうか。海外ゲーマーが考えるゲーム的な象徴とは一体なにか。さっそく5位から見ていきましょう。

■5位:NES(海外版ファミコン)コントローラー
「NESコントローラー的なデザインは、ゲームをしたことのない人でも使い方を知って」おり、「非人間工学的ながらパンチが効いており、ゲームの革命を開始」。「最初のコントローラーではないが、ポピュラーになった初めてのコントローラー」であり、「黒いデジタルパッドと赤いボタンのデザインは他と比べても卓越しており、そのシンプルなイメージは数百万人のベテランゲーマーの心の中で熱く燃えている」と高評価しています。

■4位:スペースインベーダー
スペースインベーダーのデザインが真の意味でアイコン的であることに着目。「人々は宇宙からの侵略者のようなものに関して確固たる見解を持たないが、スペースインベーダーを見ればそれが何か分かる」と伝達力の高さを評価しています。

■3位:『テトリス』のT字ブロック
「23歳(原文ママ)と比較的若いにもかかわらず『テトリス』は時間と同じくらい古く感じられるゲームだ」とゲームデザインの根幹に言及。現実で棚を見た時などに『テトリス』を思い出す「テトリス効果」や、トラウマのフラッシュバックの回数を減らすとされる研究結果などを取り上げ、ブロックの中でも「Tetris」の頭文字となる「T」字ブロックが最も印象的であるとしています。

■2位:マリオ
「ビデオゲームの中でも最もポピュラーなアイコン」であり「我々の多数の文化に侵入」した存在であると定義。「ゲーム史で最も忘れがたい何百ものゲーム」に登場し、乱闘、レース、RPGなど複数ジャンルに渡って出演する様を、「任天堂はチャック・ノリスよりもすごい男を作ったかも知れない」と形容。「マリオのテーマはゲーム史で最も有名な曲の一つであり、マリオのイタリア風アクセントはゲーム史で最も印象的な声の一つだ」としています。

■1位:パックマン
「今やパックマンはアイコンであり、単純さ、固有性、世界的な認知などアイコンが必要とする全てを持っている」と評価。なぜマリオより上の順位にいるかについてはゲーマーのアイコンとしての普遍性を挙げています。
「彼がシンプルでロゴであり、マスコットではないこと」と、パックマンがプレイステーション、モバイル、Xboxなど任天堂ハードだけでなく様々なゲーム機で発売されており、特定の機種に依存しないためどんなゲーマーのニーズをも満たしうる唯一のアイコンであるとしています。

最後は真面目なアイコン論になったベスト5ですが、皆さんが考えたものと比べてどうだったでしょうか。スペースインベーダー、マリオ、パックマンといった日本ゲーム界の創成期に生まれたデザインがランキングの大半を占めており、この時代のデザインがいかに優れていたかが伺えます。これを機会にゲームにおけるアイコン的デザインの重要さに思いを馳せるのも面白いのではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

    YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  2. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

    【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  3. 【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

    【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

  4. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  5. 【Autodesk×Unity】セガが語るUnityで作るiPhoneゲーム、そしてコンテンツ工学

  6. 坂口氏のミストウォーカーが任天堂向けのタイトル開発中

  7. 【ゲーム×法律】ゲームの利用規約違反で制裁、どこまで許される?

  8. 【東京ゲームショウ2013】インディーズゲームとゲーム実況を融合させたステージイベント「インディーズゲームフェス2013」開催決定

  9. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  10. VRとアドベンチャーゲームを掛け合わせた『東京クロノス』が体験させてくれたこと

アクセスランキングをもっと見る