人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2009】Wii『サイレントヒル』はやっぱり怖かった・・・

プレイステーションで第1作目が発売されてから10周年を迎えるホラーゲーム『サイレントヒル』が復活します。WiiやPSPなどで発売される『Silent Hill: Shattered Memories』は、第1作目をベースに英国のゲーム開発会社Climaxが独自の解釈でリメイクした作品です。任天堂の据え置きゲーム機では初の登場となります。

任天堂 Wii
Silent Hill: Shattered Memories
  • Silent Hill: Shattered Memories
  • Silent Hill: Shattered Memories
  • Silent Hill: Shattered Memories
  • Silent Hill: Shattered Memories
  • Silent Hill: Shattered Memories
  • Silent Hill: Shattered Memories
  • Silent Hill: Shattered Memories
  • Silent Hill: Shattered Memories
プレイステーションで第1作目が発売されてから10周年を迎えるホラーゲーム『サイレントヒル』が復活します。WiiやPSPなどで発売される『Silent Hill: Shattered Memories』は、第1作目をベースに英国のゲーム開発会社Climaxが独自の解釈でリメイクした作品です。任天堂の据え置きゲーム機では初の登場となります。

今回のE3ではKONAMIブース及び任天堂ブースに試遊台が置かれていました。どちらも、ヘッドフォンが用意されていて、サウンドも存分に味わえるものになっていました。

主人公はハリー・メイソン。休暇に愛娘のシェリルと自動車でサイレントヒルに向かっている途中、突然の事故に巻き込まれます。次に気づいた瞬間にはシェリルの姿はなく、メイソンはシェリルを探すためにサイレントヒルを探索することに・・・。というのが本作のストーリーになります。

雪に閉ざされた街を探索していくのですが、このゲームでヘッドホンを用意するのは反則ではないかと思うくらいで、まずサウンドだけで恐怖をそそります。人に溢れて賑やかなE3会場なのに鳥肌が立つほどです。探索は暗い道を懐中電灯片手なので緊張感もあります。

街を探索してゲームを進めていくと携帯電話(iPh●neのようなスマートフォン)を手渡されます。これは本作の特徴の一つのようで、電話、メール、カメラ、地図など様々な機能があります。時折メッセージが届き、リモコンのスピーカーで聞くことができます。また、携帯電話のカメラを通してでないと見えない少女の影もありました。

先に進んでいると、赤いクリーチャーが見えます。背筋が凍るような怖い演出は辞めてもらいたいものです。と思ったら、たくさんのクリーチャーに追いかけられます。もう怖くてドキドキです。追いつかれないうちに脱出しろと言われても脱出ルートも良く分からないし、あいつら速いです。飛びついてきてもがいて逃げても、何度か繰り返すと死んでゲームオーバーになってしまいました。このクリーチャーは今思い出しても不思議なくらい怖いです。

きゃあああーもうやめて


恐怖を煽る演出は随所にあり、以前から言われている点ですが、音楽にノイズが乗ってる部分や、操作性が少し抑えられている部分など、ゾクゾクする気分を高めてくれます。一人夜中にはやりたくないゲームですね。遊んでいて一人で裏世界に迷い込んでしまいそうでした。

今のところ国内での発売は予定されていませんが、されなくてもいいかな。いや、期待したいところですね。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ:サンブレイク』オトモアイルーの「サポート行動」に異変!覚えた技が“ランダム変化”する不具合報告

    『モンハンライズ:サンブレイク』オトモアイルーの「サポート行動」に異変!覚えた技が“ランダム変化”する不具合報告

  2. まるでコントのようなグダグダ感!爆笑必至な『モンハンライズ:サンブレイク』狩猟動画に、「3人吹き飛ぶところでダメだった」

    まるでコントのようなグダグダ感!爆笑必至な『モンハンライズ:サンブレイク』狩猟動画に、「3人吹き飛ぶところでダメだった」

  3. 『モンハンライズ:サンブレイク』などスイッチのゲームをもっと快適に!おすすめの周辺アクセサリー5選

    『モンハンライズ:サンブレイク』などスイッチのゲームをもっと快適に!おすすめの周辺アクセサリー5選

  4. 『ポケモン』“パチリスさん”が史上初の三冠へ!?韓国のパク・セジュン選手が偉業を達成中

  5. 『モンハンライズ』ライトボウガンの操作方法・立ち回りを解説ー精密射撃でモンスターを翻弄せよ【個別武器紹介】

  6. 虹やファッションがカギ!?『ポケモンSV』で期待される新たな“進化方法”は?

  7. 『F-ZERO』シリーズに新展開は?任天堂が「長らく続編が発売されていないIP」の新作・リメイクに言及

  8. 『モンハンライズ』太刀の操作方法・立ち回りを解説!「特殊納刀」がとにかく熱い、圧倒的な手数で敵を斬れ!【個別武器紹介】

  9. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  10. 『ポケモンSV』“第3の伝説ポケモン”を巡る予想が白熱!?まさかの再登板説も…

アクセスランキングをもっと見る