人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2009】ゲームを絵画に「Into the Pixel」今年の入選作品を一挙紹介

ゲームのビジュアルを芸術レベルにまで高めようと、AIAS(Academy of Interactive Arts & Science)、ESA(Entertainment Software Association)、pcd(prnts & drawings council of lacma)などの業界団体が支援し、様々なイベントで展示を行っている「Into the Pixel」が今年のE3会場のコンコースホールでも展示されています。

ゲームビジネス その他
【E3 2009】ゲームを絵画に「Into the Pixel」今年の入選作品を一挙紹介
  • 【E3 2009】ゲームを絵画に「Into the Pixel」今年の入選作品を一挙紹介
  • 【E3 2009】ゲームを絵画に「Into the Pixel」今年の入選作品を一挙紹介
  • 【E3 2009】ゲームを絵画に「Into the Pixel」今年の入選作品を一挙紹介
  • 【E3 2009】ゲームを絵画に「Into the Pixel」今年の入選作品を一挙紹介
  • 【E3 2009】ゲームを絵画に「Into the Pixel」今年の入選作品を一挙紹介
  • 【E3 2009】ゲームを絵画に「Into the Pixel」今年の入選作品を一挙紹介
  • 【E3 2009】ゲームを絵画に「Into the Pixel」今年の入選作品を一挙紹介
  • 【E3 2009】ゲームを絵画に「Into the Pixel」今年の入選作品を一挙紹介
ゲームのビジュアルを芸術レベルにまで高めようと、AIAS(Academy of Interactive Arts & Science)、ESA(Entertainment Software Association)、pcd(prnts & drawings council of lacma)などの業界団体が支援し、様々なイベントで展示を行っている「Into the Pixel」が今年のE3会場のコンコースホールでも展示されています。

今年の「Into the Pixel」受賞作品は16作品で、どれも目を見張るものばかり。全ての受賞作品を一挙に紹介します。

GUILD WARS 2LEGENDS OF NORRATH - AGAINST THE VOID
GUILD WARSFlower
LEGENDS OF NORRATH - AGAINST THE VOIDリトルビッグプラネット
ARMY OF TWO: THE 40TH DAYDIRK DAGGER
FABLE 2(Dwonload Contents 2)Halo Wars
ラチェット&クランク FUTUREラビッツTVパーティ
The ConduitWanted: Weapons of Fate
ラビッツ GO HOME!Shatter


まだまだ今年の作品を見る限り、一部のメーカーに偏っている気がしますが、今後さらに取り組みが広がることを期待したいですね。また、ぜひ日本のメーカーからも作品が出てくるといいですね。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2017年の「日本長者番付」が発表―コエテク襟川夫妻が40位に初ランクイン

    2017年の「日本長者番付」が発表―コエテク襟川夫妻が40位に初ランクイン

  2. セガならではの感動体験を届けたい・・・セガホールディングス岡村秀樹社長インタビュー

    セガならではの感動体験を届けたい・・・セガホールディングス岡村秀樹社長インタビュー

  3. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

    ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  4. チップチューンでバトルする女子高生DJを描くノベルゲーム『西武ロードリスト蘭のチップチューン地獄』とは

  5. 今週発売の新作ゲーム『TERA』『Darksiders III』『ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス』『Artifact』他

  6. バンナム、「株式会社バンダイナムコ研究所」を2019年4月1日に設立─新たな価値創出を目指す

  7. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  8. クローバースタジオの解散についてのQ&A

  9. アメリカゲーム業界就職事情・・・日本とは違うサバイバル術

  10. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

アクセスランキングをもっと見る