人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2009】海外ではWi-Fi対応『ぼくらはカセキホリダー』

国内では昨年4月に発売されたニンテンドーDSソフト『ぼくらはカセキホリダー』が、海外でもローカライズされて発売されることがE3で明らかになりました。海外でのタイトルは『Fossil Fighters』です。

任天堂 DS
国内では昨年4月に発売されたニンテンドーDSソフト『ぼくらはカセキホリダー』が、海外でもローカライズされて発売されることがE3で明らかになりました。海外でのタイトルは『Fossil Fighters』です。

『ぼくらはカセキホリダー』は、任天堂とレッドエンタテイメントの共同開発した制作したソフトで、開発期間は2年以上を要して完成しました。

掘り出した化石をタッチペンで削って掘る、マイクでチリを拭く、といった動作が非常にDSと相性が良く、やりだすとついハマってしまうゲームです。

Nintendo of AmericaのE3特設サイトにて公開されている映像を見ると、日本版では対応していなかったWi-Fi対戦や交換が出来るようになっていることが見受けられます。

日本版ではワイヤレス通信やすれ違い通信を使った遊び方でしたが、海外版では離れた場所からでも対戦や交換が楽しめるのでうらやましい限りです。

こういった国内外の差異を見つけるのもE3の楽しみ方の一つですね。
《》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. スイッチ版『モンハンライズ:サンブレイク』で快適にボイチャしたい!なるべく安く実現する方法を解説

    スイッチ版『モンハンライズ:サンブレイク』で快適にボイチャしたい!なるべく安く実現する方法を解説

  2. 「にじさんじ」叶のジンクスが『Apex』で再び!?ウィングマンのクラフト武器化で「呪われてるやん」

    「にじさんじ」叶のジンクスが『Apex』で再び!?ウィングマンのクラフト武器化で「呪われてるやん」

  3. 【読者アンケート】『モンスターハンターライズ:サンブレイク』でメインにしたい武器は?

    【読者アンケート】『モンスターハンターライズ:サンブレイク』でメインにしたい武器は?

  4. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  5. 『マリオ64』も『エルデン』も見逃せない! RTA走者が選ぶ「SGDQ 2022」の注目タイトル【RTA特集】

  6. 『モンハンライズ:サンブレイク』期待したい「シャガルマガラ」の登場!ゴア・マガラ参戦で高まる可能性

  7. 『ポケモンSV』“第3の伝説ポケモン”を巡る予想が白熱!?まさかの再登板説も…

  8. 『FE無双 風花雪月』は無双ACTとSLGの“いいとこ取り”-「FE」要素の落とし込みも素晴らしく、新たな物語への期待も膨らむ

  9. 『モンハンライズ:サンブレイク』体験版の初見「メル・ゼナ」討伐率は、僅か14.6%!“看板モンスター”の貫禄がハンパない結果に

  10. あの“ド派手っぷり”を完全再現!『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』追加キャラ「宇髄天元」7月配信決定

アクセスランキングをもっと見る