人生にゲームをプラスするメディア

AQインタラクティブ、開発中止タイトルが響き赤字転落・・・21年度業績

ゲームビジネス その他

AQインタラクティブは、平成21年3月期の通期業績を発表しました。

それによれば、売上高は61億8000万円(前年同期比 9.1%増)、営業損失は700万円、経常利益は1300万円(98.2%減)、純損失は4億6800万円となりました。

AQIの前期は、『KORG DS-10』『BLUE DRAGON DS』『AWAY シャッフルダンジョン』『ザ・ワールド・オブ・ゴールデンエッグス ノリノリリズム系』など計9タイトルを発売したほか、欧州でのライセンス販売がありましたが計画を下回りました。アミューズメント部門では『ポケモンバトリオ』が引き続き好調でしたが、初のオリジナル機種の小型クレーンゲーム機「キューブモール」は不振でした。受託開発はコンシューマーおよび買収したマイクルキャビンの双方で好調に推移しました。

AQIでは自社販売のコンシューマーゲーム事業について収益化のため、投資タイトルの厳選やマーケティング機能の強化を進めていますが、それに伴い開発中止した3タイトルの計3億2800万円の損失が大きくのしかかりました。

今期は、タイトルを絞り日本のみでなく世界に通用するタイトルの開発を進めると共に、収益源の受託開発を積極的に進めていくとしています。加えて、新たに参入したPCブラウザゲームやiPhoneなどのモバイル端末向けの企画開発も強化するとのことです。

平成22年3月期の業績予想は、売上高90億円、営業利益7億1000万円、経常利益7億2000万円、純利益3億9000万円を見込んでいます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  2. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

    ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  3. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  4. 【レポート】VRの“もどかしさ”や“行動制限による違和感”を逆手に取ったPSVR『星の欠片の物語、ひとかけら版』のデザインとは

  5. 【TGS2015】中国で成功するスマホゲームに必須の「VIPシステム」とは? 『ウチ姫』も展開するKONGZHONG JPに聞いた

  6. 【京まふ2013】『ブレイブリーデフォルト』衣装デザインの藤ちょこさん、水彩画の弘司さんによるライブペインティングが行われる

  7. 【CEDEC 2014】『ワンピース』を支える「JETエンジン」、ガンバリオンは何故ゲームエンジンを内製するのか?

  8. 東京造形大学のサイトが懐かしのRPG風に

  9. 【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

  10. VRビジュアルノベル『バーチャルノベル』プロジェクト発足、支援者を募集中

アクセスランキングをもっと見る