人生にゲームをプラスするメディア

AQインタラクティブ、開発中止タイトルが響き赤字転落・・・21年度業績

ゲームビジネス その他

AQインタラクティブは、平成21年3月期の通期業績を発表しました。

それによれば、売上高は61億8000万円(前年同期比 9.1%増)、営業損失は700万円、経常利益は1300万円(98.2%減)、純損失は4億6800万円となりました。

AQIの前期は、『KORG DS-10』『BLUE DRAGON DS』『AWAY シャッフルダンジョン』『ザ・ワールド・オブ・ゴールデンエッグス ノリノリリズム系』など計9タイトルを発売したほか、欧州でのライセンス販売がありましたが計画を下回りました。アミューズメント部門では『ポケモンバトリオ』が引き続き好調でしたが、初のオリジナル機種の小型クレーンゲーム機「キューブモール」は不振でした。受託開発はコンシューマーおよび買収したマイクルキャビンの双方で好調に推移しました。

AQIでは自社販売のコンシューマーゲーム事業について収益化のため、投資タイトルの厳選やマーケティング機能の強化を進めていますが、それに伴い開発中止した3タイトルの計3億2800万円の損失が大きくのしかかりました。

今期は、タイトルを絞り日本のみでなく世界に通用するタイトルの開発を進めると共に、収益源の受託開発を積極的に進めていくとしています。加えて、新たに参入したPCブラウザゲームやiPhoneなどのモバイル端末向けの企画開発も強化するとのことです。

平成22年3月期の業績予想は、売上高90億円、営業利益7億1000万円、経常利益7億2000万円、純利益3億9000万円を見込んでいます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.』発表!「VR ZONE SHINJUKU」にて2017年冬に期間限定で設置

    『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.』発表!「VR ZONE SHINJUKU」にて2017年冬に期間限定で設置

  2. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  3. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

    【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  4. シリコンスタジオ、『Enlighten』と『YEBIS』をTGS2017に出展-「リアリズムの追求と開発効率に貢献したい。」

  5. ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き

  6. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  7. ポノス、「EVO2017」『ストV』部門5位タイの“もけ”氏をゲーマー社員として採用

  8. 「TGS2017」バンナムブースでは『CODE VEIN』『SAO』『ドラゴンボール ファイターズ』など60タイトルが出展!

  9. 【e-Sportsの裏側】「e-Sports」は新しいエンターテイメントの形、「焦らず、じっくり進めていく。」―ウォーゲーミングジャパン キーマンインタビュー

  10. 任天堂、「CEDEC 2017」にて初セッションを実施─『ゼルダの伝説 BotW』の特徴にそれぞれ迫るセッションを複数予定

アクセスランキングをもっと見る