人生にゲームをプラスするメディア

カプコン、大型タイトルはマルチ展開、Wii向けにも9タイトル投入

ゲームビジネス その他

平成21年3月期に過去最高益を記録したカプコンは、今期の事業計画を公表しました。

まずプラットフォーム戦略では (1)大型タイトルのマルチプラットフォーム展開 (2)普及の圧倒的なWiiへの主力シリーズの投入 の2つを挙げています。(1)に関しては独自開発の「MTフレームワーク」により、大型のタイトルはPS3/Xbox360等の次世代機のマルチプラットフォームを前提とし、ハード普及率の地域差に関わらず最大多数のユーザーにリーチするとしています。(2)に関しては、『モンスターハンター3(トライ)』や『バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ』を含め9タイトルを投入するとしています。一方で携帯ゲーム機にも人気シリーズを展開していくのことです。

カプコンは中期的な計画として海外売上比率65%を目指すとしていて、『ロストプラネット2』『バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ』のような海外での評価の高いシリーズの投入や、『Dark Void』『Spyborgs』のような海外スタジオとの連携、『バイオニックコマンドー』『Marvel vs. Capcom 2』のように海外での人気タイトルの再活性化を挙げています。加えて、前期に立ち上げたフランスのように現地法人の強化を図るとしています。

2009年度の主要タイトルの販売予測は以下のようになっています。

主要タイトル販売計画
・ロストプラネット2(Xbox360ほか) 全世界 今期 270万本
・モンスターハンター3(Wii) 日本 2009年夏/北米欧州 今期 200万本
・Dark Void(PS3/Xbox360/PC) 北米欧州 2Q 200万本
・モンスターハンターポータブル2nd G 北米欧州 今期 90万本 ※海外展開
・バイオハザード5(PS3/Xbox360) 発売中 80万本 ※リピート
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

    VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  2. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

    【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  3. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

    【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  4. マジコンの販売に刑事罰を設ける法改正へ・・・年内施行を目指す

  5. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  6. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  7. ゲームを破壊する「技術力=グラフィック向上」という罠・・・「ゲームウォーズ 海外VS日本」第25回

  8. 2017年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  9. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  10. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

アクセスランキングをもっと見る