人生にゲームをプラスするメディア

「バイオハザード」シリーズ累計4000万本出荷を達成

ゲームビジネス その他

カプコンは、2009年3月31日現在のシリーズタイトルの累計出荷本数のデータを更新しました。それによれば、最新作『BIOHAZARD 5』(PS3/Xbox360)が440万本以上の出荷を達成している、「バイオハザード」シリーズの累計出荷本数が4000万本を超えたようです。これはカプコンのシリーズタイトルの中で最大です。

累計出荷数は以下、「ロックマン」「ストリートファイター」「デビル メイ クライ」という風に続きます。

・バイオハザード 4000万本(56タイトル)
・ロックマン 2800万本(124タイトル)
・ストリートファイター 2700万本(62タイトル)
・デビル メイ クライ 1000万本(11タイトル)
・鬼武者 780万本(12タイトル)
・モンスターハンター 850万本(11タイトル)
・ディノクライシス 440万本(13タイトル)
・魔界村 440万本(16タイトル)
・逆転裁判 320万本(12タイトル)
・ファイナルファイト 320万本(10タイトル)
・プレス オブ ファイア 300万本(15タイトル)
・ロストプラネット 270万本(7タイトル)
・戦国BASARA 120万本(10タイトル)
・戦場の狼 120万本(2タイトル)
・1942 120万本(3タイトル)

また、1タイトルでの販売本数の上位は以下のようになっています。

1. ストリートファイターII(SFC) 630万本
2. バイオハザード2(PS) 496万本
3. BIOHAZARD 5(PS3/Xbox360) 440万本
4. ストリーファイターIIターボ(SFC) 410万本
5. バイオハザード3 ラストエスケープ(PS) 350万本
6. バイオハザード(PS) 275万本
7. モンスターハンターポータブル2nd G(PSP) 255万本
8. ストリートファイターIV(PS3/Xbox360) 250万本
9. デビル メイ クライ4(PS3/Xbox360) 240万本
10. ディノクライシス(PS) 240万本

近年好調なカプコンらしく、販売本数の上位10タイトルも近年発売のタイトルが多くなっています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

    五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

  2. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  3. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

    VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  4. 巨大なゲーム市場、大人は消費し若者は無料で遊ぶ【オールゲームニッポン】

  5. コナミ主催のe-Sports日本選手権「パワプロチャンピオンシップス 2017」がNPB公認大会に!

  6. 【CEDEC 2014】GDCの講演は怖くない!みんなも公募にチャレンジしよう

  7. ゲームクリエイターたちの熱い夜!DeNA×アカツキ×カヤックが語るユーザーのためのゲームづくりとは

  8. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  9. Nintendo Services USAを清算へ

  10. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

アクセスランキングをもっと見る