人生にゲームをプラスするメディア

Wiiは5000万台、DSは1億台・・・任天堂が最新のハード販売台数を公表

ゲームビジネス その他

任天堂は本日発表した平成21年3月期業績に合わせて、2009年3月末時点の最新の世界におけるハード、ソフトの販売数量を公表しました。既に伝えられている通り、Wiiは5000万台、ニンテンドーDSは1億台を突破しています。これはいずれも過去最速のスピードでの到達だとのこと。

※以下の数字は米大陸=南北アメリカ、その他=欧州を含むその他地域、という分類です。参考までに地域別の売上高は米大陸が7956億7700万円、欧州が7263億7600万円、その他が875億7100万円です。

Wiiのハードは前期の販売台数が2595万台。内訳では国内が206万台に留まったのに対して、米大陸は1293万台、その他が1096万台と1000万台を超えるセールスを記録しています。特に米大陸では毎月100万台のペースだったことになります。累計での販売台数は世界全体で5039万台、国内は796万台、米大陸2354万台、その他が1889万台となりました。

ソフトの販売もそれに合わせるように増加していて、世界全体で2億0458万本でこれは前年同期の1億1960万本からほぼ倍増しています。最も大きいのは米大陸で1億1364万本。続いてその他の7791万本、日本国内は1303万本となりました。

DSハードは落ち着いたとはいえ前年同期並みの3118万台(前年同期: 3031万台)となっていて、最も多いのはその他で1511万台、続いて米大陸1207万台、日本国内は401万台となりました。累計では1億0178万台、内訳は国内が2639万台、米大陸が3446万台、その他が4093万台という数字です。DSiは国内が222万台、米大陸が33万台、その他が48万台となっています。

ソフト本数/ハード台数のタイレシオは、DSが約5本なのに対して、Wiiは約7本に。Wiiソフトの伸びが大きく、タイレシオが改善しています。

今期の販売予測ですが、Wiiハードが2600万台、Wiiソフトが2億2000万本、DSハードが3000万台、DSソフトが1億8000万本となっています。数年前に岩田社長はソフトの年間販売本数を「3億本を目指す」と発言していましたが、今期は4億本となる見込みです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

    『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

  2. 五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

    五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

  3. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

    【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  4. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  5. 【GDC 2009】ディズニーランドに学ぶゲームデザイン

  6. 【レポート】ゲームクリエイターが“憧れの職業ではない”ことに危機感…CC2松山洋の全国ツアー開始、「プロになれない理由」とは

  7. 62インチで対戦ゲームを!?―「iWear AV920-C」登場

  8. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  9. 株式会社そらゆめが倒産―『ひぐらしうみねこカードバトル』の開発、クラウドファンディングサイトを運営

  10. スクエニ「ヴィジュアルワークス」企画展が3月26日より開催…映像作品ダイジェストや制作工程を公開

アクセスランキングをもっと見る