人生にゲームをプラスするメディア

任天堂オンラインマガジン5月号 『キラデコプレミアム』『グーの惑星』開発スタッフインタビュー

任天堂 その他

任天堂から発売されるゲームスタッフのインタビューなどが取り上げられる任天堂オンラインマガジン「N.O.M」2009年5月号が公開されました。今月はDSiウェア『いつでもプリクラ☆キラデコプレミアム』と、Wiiウェア『グーの惑星』の開発スタッフインタビューです。

■いつでもプリクラ☆キラデコプレミアム
制作のきっかけはつぶやきから・・・?ディレクターの安藤氏の何気ない一言から始まり、企画書を3日で作成し、プリクラの元祖であるアトラスに持ちかけて開発がスタートしました。任天堂とアトラスがゲー」を共同開発したのはこれが始めてです。

任天堂側は「いつでもどこでもプリクラが楽しめる」「何らかの手段でSDカードに出力してDSi以外の端末でも見られるようにすること」を中心に開発を依頼。

対するアトラス側は「声」を出すことでゲームセンターっぽさにこだわったと語っています。タッチペンで落書きが出来るのもDSならでは。『いつでもプリクラ○○○○』と、ゲームのサブタイトルを決めるのに大変苦労したようで、その数は30〜40候補もあったとか。

■グーの惑星
一方の『グーの惑星』は、海外にある2D BOYが制作したゲームです。開発にかかわったのはカイル氏とロン氏の2人だけです。たった2人で完成させてしまったのはWiiウェアというダウンロードゲームならでは。

元々は学生時代に制作した『Tower of Goo』という、小さな丘で100体のグーが登場して高いタワーを作る内容でした。そのアイディアが評判だったので、完全なる『グーの惑星』を制作したとのこと。

会社のメンバーは2人だけなのでオフィスを持たずにカフェで制作作業をしてたとか。インタビューでは、『グーの惑星』では物理演算を使っていて、このお陰で多くのアニメーションを描く必要が無くなるなどといった開発メリットの裏話や、Wiiウェア版の制作きっかけなどが掲載されています。

アトラスも2D BOYも今回初めて任天堂と制作したと言う事で、これまでのタイトルとは毛色が違った内容となっています。是非、ダウンロードしてプレイしてみてください。
《》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

    【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  5. 『Nintendo Labo』キットの個別販売が開始―マイニンテンドーストアではセット販売も実施予定

  6. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  7. 『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』シナンジュやクシャトリヤなど「ガンダムUC」関連機体も続々登場

  8. 『星のカービィ スターアライズ』いくつ知ってる?小ネタ10選【ネタバレ注意】

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』中級者になったら使いたいブキ8選!君は使いこなせるか!?

  10. 『スプラトゥーン2』ロングブラスターカスタムが登場―「カーリングボム」×「バブルランチャー」で暴れまわろう!

アクセスランキングをもっと見る

1