人生にゲームをプラスするメディア

ブランド・ジャパン2009、BtoC編2年連続任天堂1位に

日経BPコンサルティングは、日本最大規模のブランド評価調査プロジェクト「ブランド・ジャパン2009」の調査結果を2009年4月17日に発表しました。

任天堂 その他
日経BPコンサルティングは、日本最大規模のブランド評価調査プロジェクト「ブランド・ジャパン2009」の調査結果を2009年4月17日に発表しました。

BtoC編のブランド総合力は、90ポイントを獲得した任天堂が2年連続で1位になりました。2位グーグル、3位ソニー、4位スタジオジブリの3ブランドが88ポイント台なので、今回は僅差での1位となりました。

総合1位になった要因として、「アウトスタンディング(卓越性)」「イノベーティブ(革新性)」が評価されています。サブブランドの代表商品「ニンテンドーDS」と「Wii」は、イノベーティブ・ランキングで2位と5位にランクインしています。また、任天堂はBtoB編でも高ポイントを獲得して5位に入っています。

※BtoC編は消費者による評価、BtoB編はビジネスパーソンによる評価となっています。
《》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

    『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

  2. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

    『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  3. 『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

    『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

  4. 『スマブラSP』更新データVer. 1.2.0が配信―挑戦者の難易度や一部ファイターのバランス調整を実施

  5. 『スプラトゥーン2』フェス「ヒーロー vs ヴィラン」はヒーロー派が多数!【読者アンケート】

  6. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  7. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  9. 『スマブラSP』に『ペルソナ5』のジョーカーが追加コンテンツとして参戦!【TGA 2018】

  10. 『ポケモン ピカ・ブイ』初代を遊んだおっさんが驚いた10のポイント!おしょうが仲間にならずサイクリングロードも廃止!?

アクセスランキングをもっと見る