人生にゲームをプラスするメディア

【朝刊チェック】島津製作所がポケモンをデザインしたX線撮影装置を発売(4/16)

本日の朝刊チェックです。

ゲームビジネス その他
本日の朝刊チェックです。

今日は「女子マラソンの日」です。1978年、日本初の女子フルマラソンの大会が東京・多摩湖畔で開かれました。当時の参加者は49人でした。

日経産業新聞4面「ワンセグ用水晶振動子3割薄く大きさ同じに、東京電波が量産」
東京電波は、携帯電話端末のワンセグ受信に使う水晶振動子で、大きさはそのままで厚さを従来製品に比べ約3割薄くした新製品の量産を始めました。現在主流サイズで薄型化に対応した製品の需要が高まると判断し、生産子会社の盛岡工場と久滋工場で月産100万個の量産に乗り出しました。大きさは縦2ミリ、横1.6ミリで面積は従来製品と同じですが、厚みを0.35ミリと従来品の7割に抑えました。

日刊工業新聞「島津がX線撮影装置ポケモンをデザイン」
島津制作所は15日、デジタル式回診用X線撮影装置「モバイルエボリューション」シリーズの新ラインアップとして、子児用を17日に発売すると発表しました。子児用のデジタル式回診用X線撮影装置を発売するのは世界で始めて。国内外で展開し、国内向けは装置全面に『ポケットモンスター』のキャラクターをデザインし、子供の不安を低減できるよう工夫しました。価格は7260万円からで、初年度30台の販売を目指します。


《》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. 「VR ZONE SHINJUKU」VR(ぶっとんだリアル)が体験できる大感謝キャンペーンを開催!施設は2019年3月末で営業期間満了

    「VR ZONE SHINJUKU」VR(ぶっとんだリアル)が体験できる大感謝キャンペーンを開催!施設は2019年3月末で営業期間満了

  3. 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

    【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

  4. 今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

  5. スクエニ、平成29年3月期は『FF15』など好調―売上高/利益も過去最高に

  6. マイクロソフトはセガ買収を検討していた ― 元幹部が明かす

  7. 今週発売の新作ゲーム『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』『Fallout 4 VR』『Okami HD』他

  8. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  9. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  10. 【CEDEC 2011】Unity、日本法人Unity Technologies Japanを設立

アクセスランキングをもっと見る