人生にゲームをプラスするメディア

一見の価値あり!5万1324個ものレゴを使って作られた巨大DSi

任天堂 DS

一見の価値あり!5万1324個ものレゴを使って作られた巨大DSi
  • 一見の価値あり!5万1324個ものレゴを使って作られた巨大DSi
  • 一見の価値あり!5万1324個ものレゴを使って作られた巨大DSi
  • 一見の価値あり!5万1324個ものレゴを使って作られた巨大DSi
  • 一見の価値あり!5万1324個ものレゴを使って作られた巨大DSi
  • 一見の価値あり!5万1324個ものレゴを使って作られた巨大DSi
  • 一見の価値あり!5万1324個ものレゴを使って作られた巨大DSi
  • 一見の価値あり!5万1324個ものレゴを使って作られた巨大DSi
  • 一見の価値あり!5万1324個ものレゴを使って作られた巨大DSi
実に5万1324個もの数の膨大なレゴブロックを使って作られた巨大なニンテンドーDSiが、米国ニューヨークのロックフェラーセンターにあるNintendo World Storeにて展示されているそうです。

これを制作したのはレゴブロックのみを専門に扱うアーティストで、ニューヨークを拠点にレゴを使った作品を制作しているSean Kenney氏。Kenney氏は30年以上の経験を持つレゴのベテランで、レゴ社の社員ではないものの実力が広く認められ、ギャラリー、博物館、テレビ局、出版社、セレブ、またはGoogle、ABC、マツダ、JPモルガンチェース、ELLEといった著名な企業に提供しています。2005年にはレゴ社の認定した世界でたった9人のプロフェッショナルに認定されています。



そうした中から制作することになった今回のDSiですが幅は2メートル以上になる巨大なもので、実に5万1324個のブロックを使用。重さは113キログラムにもなります。制作には200時間以上を要したということです。その制作の様子はYouTubeなどで観ることができます。



レゴブロックで制作されているとは言え、前面の液晶パネルに表示されているDSiメニューは当然のこととして、各種の接続端子や、裏面に張られている製品情報などの印刷類も忠実に再現されていのます。



まさにアートと言うべき作品に仕上がっているDSi。チャンスがあれば間近で観てみたいものです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  2. 『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』60もの小ネタを一挙に紹介―懐かしのゲーム機や玩具などが隠れてる!?

    『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』60もの小ネタを一挙に紹介―懐かしのゲーム機や玩具などが隠れてる!?

  3. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

    『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  5. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  6. 『スプラトゥーン2』あなたにピッタリな性格別おすすめブキ紹介!サポート&防衛編

  7. 『星のカービィ スターアライズ』いくつ知ってる?小ネタ10選【ネタバレ注意】

  8. 『ポケットモンスター』カントー地方で好きだったジムリーダーは誰?【読者アンケート】

  9. 【特集】『星のカービィ』一番強いのはどれだ!?最強コピー能力10選

  10. 『スプラトゥーン2』“今”はこのブキが強い!この10ブキを使いこなしてS+10を目指せ!【Ver.2.3.3編】

アクセスランキングをもっと見る