人生にゲームをプラスするメディア

第3回ELANアワードで宮本茂氏と宮崎駿氏が生涯功労賞

カナダのゲーム業界が、毎年の最も優れたビデオゲームやアニメーションを表彰する第3回ELANアワードの最終ノミネート作品と、特別賞としてIGN.comでの一般投票によって決められた3賞の受賞者が発表となりました。特別賞のうち「ビデオゲーム ホール・オブ・フェイム」(VIDEO GAME HALL of FAME/生涯功労賞)に任天堂の宮本茂氏が選ばれています。

ゲームビジネス その他
カナダのゲーム業界が、毎年の最も優れたビデオゲームやアニメーションを表彰する第3回ELANアワードの最終ノミネート作品と、特別賞としてIGN.comでの一般投票によって決められた3賞の受賞者が発表となりました。特別賞のうち「ビデオゲーム ホール・オブ・フェイム」(VIDEO GAME HALL of FAME/生涯功労賞)に任天堂の宮本茂氏が選ばれています。

宮本茂氏は1977年に任天堂に入社。『スーパーマリオ』『ゼルダの伝説』シリーズなど世界を代表する多数の作品を手がけ、現在も情報開発本部長として様々なゲームをプロデュースしています。世界で最も著名なゲームデザイナーであり、"ビデオゲーム界のスピルバーグ"と「TIME」が述べたこともあります(1996年5月号)。

また、特別賞では「アニメーション ホール・オブ・フェイム」(LIFETIME ACHIEVEMENT in ANIMATION/生涯功労賞)にスタジオ・ジブリの宮崎駿氏、素晴らしいビジュアルエフェクト(VFX)を称える「ビジョナリーアワード」(VISIONARY AWARD)に、南カリフォルニア大学クリエイティブ研究所のPaul Debevec研究員が選ばれています。

その他のノミネート作品はリンク先でご確認下さい。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  2. 今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは

    今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは

  3. 「CREATIVE JOB FESTA SAPPORO 2019」開催決定―クリエイティブ業界特化型の就転職フェスタ!

    「CREATIVE JOB FESTA SAPPORO 2019」開催決定―クリエイティブ業界特化型の就転職フェスタ!

  4. 活発な技術交換が行われる組織づくり…技術部マネージャーとして『FGO』のインフラを支える”攻めのSREエンジニア” 甲氏に訊く

  5. VRで倉持由香と星名美津紀に会える、「トキメキメテオ」第一弾をいち早く体験してみた ― 本当に”トキメキ降臨”なのか?

  6. いまだホットなゲーム業界の転職事情・・・リクルートキャリアに聞く(前編)

  7. ムームー森川幸人氏が語る、ゲーム作りで「やっちゃいけないこと」

  8. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  9. 『初音ミク』に見る、2次元から3次元への連結・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第24回

  10. 福岡ゲーム産業の歴史、そして産官学連携のこれからとは?DiGRA JAPAN基調講演レポート

アクセスランキングをもっと見る