人生にゲームをプラスするメディア

グリーンピース、再び任天堂を最下位評価―グリーン評価ガイド

ゲームビジネス その他

グリーンピース、再び任天堂を最下位評価―グリーン評価ガイド
  • グリーンピース、再び任天堂を最下位評価―グリーン評価ガイド
  • グリーンピース、再び任天堂を最下位評価―グリーン評価ガイド
環境保護を掲げるグリーンピースは、「Guide to Greener Electronics」と題した家電各社がどの程度、環境に配慮した製品を販売しているかを10点満点で評価したレポートを定期的にリリースしていて、このたび最新号が公開になりました。先日、CSRレポートの2008年版を発表した任天堂ですが、再び最低評価となっています。

「任天堂は10点満点中0.8点で最低評価となりました。グリーンピースは禁止薬物のフタル酸類、アンチモン、ベリリウムの使用を監視していて、また、任天堂は塩化ビニールの使用を全廃するとしているものの、その期限を設定していません。任天堂は毎年2%のCO2やその他の温室効果ガスを削減するとしているが、2006年には6%増加している」とコメントされています。

グリーンピースの評価は化学物質、電子廃棄物、電力の3つのパートがあり、それぞれ5つに別れていますが、6項目において「情報がない」とされており、それも低評価に繋がった側面もありそうです。

評価のトップだったのは、携帯電話のノキア、以下サムスン、ソニーエリクソン、フィリッピス、ソニー、LGE、東芝、モトローラ、シャープ、アップルなどとなり、下位は任天堂、HP、マイクロソフト、ノキア、デルなどとなっています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

    ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  2. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

    日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  3. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  4. マッチロック、個人向け3Dエフェクトツール『BISHAMON Personal』販売開始

  5. 【TGS2017】『Fallout 4 VR』プレイレポ!荒廃したVR世界で出会ったのはプレストンでした

  6. 【読者の声】2017年9月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. 2017年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  8. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  9. 【インタビュー】もっと気楽に「SHOTGUN」を―ドリコムによる導入事例を訊く

  10. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

アクセスランキングをもっと見る