人生にゲームをプラスするメディア

【週刊売り上げランキング】アーケードの魅力をPSPに「戦場の絆ポータブル」が1位(3月23日〜30日)

メディアクリエイト提供、国内ゲームソフト売上ランキングです。

ゲームビジネス その他
メディアクリエイト提供、国内ゲームソフト売上ランキングです。

今週の1位は『機動戦士ガンダム 戦場の絆ポータブル』(PSP)が85000本を売り上げました。アーケードでも人気のゲームがPSPに登場。PSPを持ち寄れば最大8人対戦をする事が出来ます。2位は『魔界戦記ディスガイア2 PORTABLE』(PSP)がランクイン。ただPSPに移植だけではなく、PS2版にはなかった要素や変更点が色々加わっています。

DSとWiiで異なる新作を同日発売した「遊戯王5D\'s」ですが、『遊戯王5D\'s STARDUST ACCELERATOR - World Championship 2009 -』(DS)が3位に初登場。2009年の世界大会公式ソフトと言う事で、ファンなら買っておくべきソフトとなっています。「5D\'sストーリー」と「ワールドチャンピオンシップ」2つのモードが収録されています。

Wiiで発売された「遊戯王」シリーズ初の対戦型レースゲーム『遊戯王ファイブディーズ ウィーリーブレイカーズ』(Wii)は20位に。DS版とWii版両方持っている人は様々な特典をGETする事が出来ます。DSとWiiを連動させることで特典が貰える試みは嬉しいですね。

発売から上位をキープしている『マリオ&ルイージRPG3!!!』(DS)は、ハーフミリオンが目前になってきました。4月中には達成出来るのは間違いないでしょう。

週刊少年サンデーと週刊少年マガジンの50周年コラボレーション作品である『サンデーVSマガジン 集結!頂上大決戦』(PSP)は、惜しくもTOP10に入れず。DSでは野球を通して共演でしたが、PSPでは対戦アクションゲームとなっています。それぞれが個性あふれる技を使い戦えるのが最大の魅力です。

セガから発売した『涼宮ハルヒの並列』(Wii)は21位に。漫画の人気から見ると、ちょっとイマイチな売れ行きですね。

順位 タイトル 週間 累計
1 psp機動戦士ガンダム 戦場の絆ポータブル 85,000 85,000
2 psp魔界戦記ディスガイア2 PORTABLE 39,000 39,000
3 nds遊戯王5D's STARDUST ACCELERATOR - World Championship 2009 - 37,000 37,000
4 ndsマリオ&ルイージRPG3!!! 36,000 464,000
5 ndsスーパーロボット大戦K 32,000 149,000
6 ps2実況パワフルプロ野球2009 27,000 77,000
7 pspモンスターハンターポータブル 2nd G “PSP”the Best 24,000 531,000
8 ps3無双OROCHI Z 21,000 169,000
9 ps3BIOHAZARD 5 17,000 427,000
10 nds立体ピクロス 16,000 78,000
11 pspサンデーVSマガジン 集結!頂上大決戦
12 ps2VitaminZ
13 pspハヤテのごとく! ナイトメアパラダイス
14 ndsメタルファイト ベイブレード
15 wiiWii Fit
16 psp真・三國無双 MULTI RAID
17 wii実況パワフルプロ野球NEXT
18 wiiWiiであそぶ ピクミン2
19 wii太鼓の達人Wii
20 wii遊戯王ファイブディーズ ウィーリーブレイカーズ
21 wii涼宮ハルヒの並列
22 ndsリズム天国 ゴールド
23 wiiマリオカートWii
24 psp牧場物語 シュガー村とみんなの願い
25 ps2トリガーハート エグゼリカ エンハンスド
26 ndsわがままファッション ガールズモード
27 ndsセブンスドラゴン
28 ps2アマガミ
29 ps3龍が如く3
30 ndsクレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ ねんどろろ〜ん大変身!
《》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2014】突然のPS4版開発決定、『龍が如く』の縦マルチはいかにして実現されたか

    【CEDEC 2014】突然のPS4版開発決定、『龍が如く』の縦マルチはいかにして実現されたか

  2. GB版をリニューアル!FOMA『スターオーシャン ブルースフィア』配信

    GB版をリニューアル!FOMA『スターオーシャン ブルースフィア』配信

  3. 今週発売の新作ゲーム『TERA』『Darksiders III』『ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス』『Artifact』他

    今週発売の新作ゲーム『TERA』『Darksiders III』『ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス』『Artifact』他

  4. 本物はどっち!? 小島プロダクションが「FOX ENGINE」の最新ショットを公開

  5. 京都銀行、任天堂株の売却は考えず、配当を原資に貸し出し強化へ

  6. 2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

  7. 2018年11月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  8. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  9. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  10. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

アクセスランキングをもっと見る