人生にゲームをプラスするメディア

定額給付金で購入するなら・・・1位「ゲーム機・ソフト」

ゲームビジネス その他

世界的な経済不況に見舞われた現在、景気対策のための施策として3月に可決された「第二次補正予算」に組み込まれた「定額給付金」。

世論調査で7割近くが反対とされていた中で交付が始まった訳ですが、消費者は給付金にどのような用途で使用するかを、カカクコムが運営する購買支援サイト「価格.com」が実施した調査した回答が公開されました。



「すでに配布が始まっている定額給付金を受け取るかどうか?」という質問に対し、ほぼ100%に近い98.8%の人が「受け取る」と回答。「受け取らない」と答えた方の理由は、「額が少なく消費に回すには不十分」「もっと有効な使い道があるはず」「税金の無駄遣い」といった意見が。

■定額給付金の主な使い道は?



定額給付金の使い道と言う問いに対しては、全体の半分の数値である51.8%が商品や外食などへ消費すると回答しています。買い物や食費に当てると言う人が半数と言う結果が出ました。貯金をする人は11.8%と低い回答結果になっています。

■定額給付金によって購入や消費が喚起されたものは?



「ゲーム機・ソフト」が53.5%と、一番多い回答となっています。次いで「おもちゃ・ホビー」、「美容・マッサージ・エステ」と言う順位になっています。娯楽色が強い商品やサービスが多くを占めているのがわかります。定額給付金の支給額がで購入可能な金額と言う事もあり、ゲーム機やゲームソフトがトップになっています。

この春には新色が発売されたことも相乗しているでしょうね。「定額給付金」、皆さんならどんな使い道にしますか?
《まさと》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. 【インタビュー】もっと気楽に「SHOTGUN」を―ドリコムによる導入事例を訊く

    【インタビュー】もっと気楽に「SHOTGUN」を―ドリコムによる導入事例を訊く

  3. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

    日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  4. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  5. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  6. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

  7. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  8. ゲーム1本の開発期間は平均16ヶ月、開発者の38%が据置機に携わりたいと思っている…CEDECのゲーム開発者調査が公開

  9. 2017年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. 川島隆太教授、『脳トレ』のロイヤリティは受け取らず

アクセスランキングをもっと見る