人生にゲームをプラスするメディア

定額給付金で購入するなら・・・1位「ゲーム機・ソフト」

ゲームビジネス その他

世界的な経済不況に見舞われた現在、景気対策のための施策として3月に可決された「第二次補正予算」に組み込まれた「定額給付金」。

世論調査で7割近くが反対とされていた中で交付が始まった訳ですが、消費者は給付金にどのような用途で使用するかを、カカクコムが運営する購買支援サイト「価格.com」が実施した調査した回答が公開されました。



「すでに配布が始まっている定額給付金を受け取るかどうか?」という質問に対し、ほぼ100%に近い98.8%の人が「受け取る」と回答。「受け取らない」と答えた方の理由は、「額が少なく消費に回すには不十分」「もっと有効な使い道があるはず」「税金の無駄遣い」といった意見が。

■定額給付金の主な使い道は?



定額給付金の使い道と言う問いに対しては、全体の半分の数値である51.8%が商品や外食などへ消費すると回答しています。買い物や食費に当てると言う人が半数と言う結果が出ました。貯金をする人は11.8%と低い回答結果になっています。

■定額給付金によって購入や消費が喚起されたものは?



「ゲーム機・ソフト」が53.5%と、一番多い回答となっています。次いで「おもちゃ・ホビー」、「美容・マッサージ・エステ」と言う順位になっています。娯楽色が強い商品やサービスが多くを占めているのがわかります。定額給付金の支給額がで購入可能な金額と言う事もあり、ゲーム機やゲームソフトがトップになっています。

この春には新色が発売されたことも相乗しているでしょうね。「定額給付金」、皆さんならどんな使い道にしますか?
《》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 国民的RPGをVRで体験! 『ドラゴンクエストVR』4月27日稼働─戦士や僧侶、魔法使いとなってゾーマ城を目指せ

    国民的RPGをVRで体験! 『ドラゴンクエストVR』4月27日稼働─戦士や僧侶、魔法使いとなってゾーマ城を目指せ

  2. コーエーテクモ、『ゼルダ無双』など好調で統合以来最高の第二四半期決算

    コーエーテクモ、『ゼルダ無双』など好調で統合以来最高の第二四半期決算

  3. 『バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐』が携帯向けに国内初上陸

    『バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐』が携帯向けに国内初上陸

  4. 今週発売の新作ゲーム『実況パワフルプロ野球2018』『Bravo Team』『英雄伝説 閃の軌跡II:改 The Erebonian Civil War』他

  5. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  6. 「NARUTO-ナルト-」がオンラインゲーム化!バンダイナムコゲームスと中国テンセントが契約

  7. 【CEDEC 2014】2020年までの技術予想~半導体の技術革新がゲーム体験におよぼす影響とは? 

  8. 特別対談 ずらり揃った4社の代表が今後のゲームエンジン・ミドルウェアについて語り尽くす!・・・GTMF2013直前インタビュー

  9. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  10. 角川グループHD、子会社9社を吸収合併 ― エンターブレイン、アスキー・メディアワークスなどが消滅

アクセスランキングをもっと見る