人生にゲームをプラスするメディア

Wiiのライバルとなるか?−身体を動かした通りにゲームのキャラも動く3次元ジェスチャー認識

ゲームビジネス その他

ベルギーのSoftkinetic社は3次元ジェスチャー認識「Full Body Avatar Control system」の新バージョンをサンフランシスコのGamesBeat 2009にて公開したとのことです。

「Full Body Avatar Control system」は、3Dカメラで撮影したプレイヤーの動作を認識、ゲーム上のアバターが同じように動くというもので、Softkinetic社はゲーム、マルチメディアシステム、フィットネス、バーチャルトレーニングに使用可能であるとしています。

「Full Body Avatar Control system」はプレイヤーの位置を三次元的に認識するのに加え、足と胴、手と腕の動きの組み合わせを検知することが可能。プレイヤーの動作はリアルタイムで画面上に反映され、「デジタル世界における自然なインタラクション」を実現。3DV Systems、Canestaなど主要メーカーの3Dカメラのいずれもサポートするとしています。

人間の動作をゲームに反映させるのは注目の技術の一つで、Wiiのようにセンサーを使用する方式と、「Full Body Avatar Control system」のようにカメラを使用する方式が存在していますが、カメラ式の利点は器具を持ったり装着したりする必要がないこと。カメラとソフトが安価で提供されるのであればWiiの大きなライバルとなりそうです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. 【インタビュー】もっと気楽に「SHOTGUN」を―ドリコムによる導入事例を訊く

    【インタビュー】もっと気楽に「SHOTGUN」を―ドリコムによる導入事例を訊く

  3. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

    日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  4. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

  5. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  6. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  7. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  8. ゲーム1本の開発期間は平均16ヶ月、開発者の38%が据置機に携わりたいと思っている…CEDECのゲーム開発者調査が公開

  9. 2017年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. 川島隆太教授、『脳トレ』のロイヤリティは受け取らず

アクセスランキングをもっと見る