人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2009】小島監督、Mega64に出演する

ゲームビジネス その他

【GDC 2009】小島監督、Mega64に出演する
  • 【GDC 2009】小島監督、Mega64に出演する
  • 【GDC 2009】小島監督、Mega64に出演する
  • 【GDC 2009】小島監督、Mega64に出演する
  • 【GDC 2009】小島監督、Mega64に出演する
  • 【GDC 2009】小島監督、Mega64に出演する
  • 【GDC 2009】小島監督、Mega64に出演する
  • 【GDC 2009】小島監督、Mega64に出演する
  • 【GDC 2009】小島監督、Mega64に出演する
「Game Developer's Choice Awards」(Choice Awards)で上映されたMega64のゲームパロディムービーに、コナミの小島秀夫監督が出演しました。

Mega64は英国チャンネル4のTrigger Happy TVの低予算テレビ番組で、テレビゲームのシーンを街の中で再現するという内容。Choice Awardsでも毎年、数本が上映され、風物詩となっています。日本の参加者からは、MEGA64を見るとGDCに来た感じがする、という声もあるほどです。

ムービーの内容は、ソリッド・スネークら『メタルギアソリッド』シリーズのコスプレをしたMega64の出演者たちが、街中をはしゃぎ回りながらスニーキングするというもの。ところが、道の向こうにいる小島監督と鉢合わせしてしまいます。



彼らを見て顔をしかめ、やおら携帯電話を取り出すと、「今日の予定は全てキャンセルしといて!」と秘書に向かって吐き捨てる小島監督。

ところが次のシーンでは、小島監督も一緒にノリノリで街中をスニーキングしていくのでした。最後に彼らと共にポーズを決めてジ・エンド。会場は爆笑と大喝采の渦となりました。



実は本ムービーは2007年に上映された、宮本茂氏が出演した『ゼルダの伝説』版を下敷きにしています。このムービーでは、リンクらに扮してはしゃぎ回る出演者たちに、偶然はち会わせた宮本茂氏が顔をしかめるというものでした。

『ゼルダの伝説』版と宮本茂氏をリスペクトしつつ、独自の解釈で引き継いだ小島監督。ゲーム開発者のサービス精神が遺憾なく発揮された一面でした。お茶目ですね。

会場ではこれ以外にも、ファンタジーRPGの冒険者に扮した一行が「Indipendent Game Festival」への愛をハードロックで歌い上げる内容、『ワンダと巨像』版、『ミラーズエッジ』版、ゲーム内で189回も「fuck」が叫ばれ、ゲーム版ギネスブックに載った『The House of the Dead:Overkill』版などが上映されました。

ビバ! Mega64。伝説のコメディ番組「モンティパイソン」を生んだ国の伝統は今も健在です。過去の代表作は公式サイトでも配信されていますが……。DVDになったりしてませんかね、これ。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2017】『Fallout 4 VR』プレイレポ!荒廃したVR世界で出会ったのはプレストンでした

    【TGS2017】『Fallout 4 VR』プレイレポ!荒廃したVR世界で出会ったのはプレストンでした

  2. 【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

    【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

  3. 【TGS2017】『HordeZ Arcade』ミニプレイレポ―ビジネスデー限定の台湾のVRアトラクション

    【TGS2017】『HordeZ Arcade』ミニプレイレポ―ビジネスデー限定の台湾のVRアトラクション

  4. 「TGS 2017」DMM GAMESブースにて『PUBG』出展&特別ステージ実施―「e-Sports X」にて50人同時対戦イベントも!

  5. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  6. PSVRソフト『DARK ECLIPSE』が「TGS2017」ソニーブースにて映像出展決定!

  7. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  8. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  9. 【GDC 2013】プロシージャルなマップ生成で繰り返し遊べるFPSを、DIGITAL EXTREME『Warframe』

  10. 【CEDEC 2017】基調講演『ソードアート・オンライン』が見せる未来、小説とテクノロジーについて語る

アクセスランキングをもっと見る