人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2009】岩田聡・任天堂社長が3年ぶりGDCのキーノートに立つ―詳しくお届けします! 

米国サンフランシスコのモスコーニセンターで開催中のゲームデベロッパーズカンファレンスの3日目(水曜)現地時間午前9時より任天堂の岩田聡社長による基調講演「Discovering New Development Opprtunity」(新しい開発の機会を発見する)が行われました。会場には1時間以上前から長蛇の列ができ、注目度の高さを感じさせました。

ゲームビジネス その他
【GDC 2009】岩田聡・任天堂社長が3年ぶりGDCのキーノートに立つ―詳しくお届けします! 
  • 【GDC 2009】岩田聡・任天堂社長が3年ぶりGDCのキーノートに立つ―詳しくお届けします! 
  • 【GDC 2009】岩田聡・任天堂社長が3年ぶりGDCのキーノートに立つ―詳しくお届けします! 
  • 【GDC 2009】岩田聡・任天堂社長が3年ぶりGDCのキーノートに立つ―詳しくお届けします! 
  • 【GDC 2009】岩田聡・任天堂社長が3年ぶりGDCのキーノートに立つ―詳しくお届けします! 
  • 【GDC 2009】岩田聡・任天堂社長が3年ぶりGDCのキーノートに立つ―詳しくお届けします! 
  • 【GDC 2009】岩田聡・任天堂社長が3年ぶりGDCのキーノートに立つ―詳しくお届けします! 
  • 【GDC 2009】岩田聡・任天堂社長が3年ぶりGDCのキーノートに立つ―詳しくお届けします! 
  • 【GDC 2009】岩田聡・任天堂社長が3年ぶりGDCのキーノートに立つ―詳しくお届けします! 
米国サンフランシスコのモスコーニセンターで開催中のゲームデベロッパーズカンファレンスの3日目(水曜)現地時間午前9時より任天堂の岩田聡社長による基調講演「Discovering New Development Opprtunity」(新しい開発の機会を発見する)が行われました。会場には1時間以上前から長蛇の列ができ、注目度の高さを感じさせました。

今回のGDCでディレクターを務めるMeggan Scavio女史が素晴らしい登壇者を得られたことに感謝を示し、入れ替わるように握手をしながら岩田氏が登場すると会場からは大きな拍手が起こります。

スタートを待つ会場握手を交わす岩田氏の登場です


■Discovering New Development Opportunity

岩田氏がGDCの基調講演に立つのは2005年「Heart of a Gamer」、2006年「Disrupting Development」に続いて3年ぶり3度目となります。今までとは異なる視点でハードを開発し、全く異なるユーザー層を獲得することを説いた2度の講演を振り返りながら岩田氏はWiiとDSという2つのハードが到達したマイルストーンについて最初の述べます。

この3月でWiiは5000万台、ニンテンドーDSは1億台という大台に到達しました。岩田氏は「任天堂の力のみで達成できたものではない」として世界中の開発パートナーや小売店など関係者に感謝を示しました。また、会場に向けて「ゲームデベロッパーとしてだけでなく、ゲームを遊ぶ側としてWiiやDSを楽しんでくれてありがとう」と語りかけました。

素晴らしいマイルストーンに到達米国の伸びは任天堂が支える(ピンクの部分)欧州の伸びも任天堂が支える


「(これだけ大きな成功があったとしても)1つのルールは変わらない」と岩田氏は言います―――「Software sales hardware」(ソフトがハードを売る)。そして岩田氏は「任天堂ハードは任天堂ゲームしか売れないという皆さんの心配を理解している」として、自身のキャリアを振り返りながら、また、社長から見た宮本茂氏の開発手法を紹介しながら、新たな開発の機会を見つけることは十分に可能であると訴えました。

岩田氏はまず、HAL研究所を破綻させたゲーム開発における「デススパイラル」について述べました。すなわち「資金的なプレッシャー」→「少ない開発期間」→「貧弱な品質」→「販売不振」というものです。任天堂が良いゲームを作れるのは資金的に余裕があるからで、資金的に余裕があるのは良いゲームを沢山売ることができるからだと岩田氏は言います、これが正のスパイラルです。では「デススパイラル」に陥らないためにはどうしたらいいか? 宮本氏の手法が参考になると岩田氏は言います。

デススパイラル


■宮本氏の開発手法の秘密とは


《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ゲーム開発者の選択肢を広げる企業に」CRI・ミドルウェア押見正雄社長に聞く同社の過去・現在・未来

    「ゲーム開発者の選択肢を広げる企業に」CRI・ミドルウェア押見正雄社長に聞く同社の過去・現在・未来

  2. 「CRI ADX2」が実現した11人分の“理想の声”―『キャサリン・フルボディ』の緻密なサウンドデザインを開発陣に訊く

    「CRI ADX2」が実現した11人分の“理想の声”―『キャサリン・フルボディ』の緻密なサウンドデザインを開発陣に訊く

  3. 『絶体絶命都市』が再始動!2015年秋には、開発中止となった『4』の情報も

    『絶体絶命都市』が再始動!2015年秋には、開発中止となった『4』の情報も

  4. 【今どきゲーム事情】中村彰憲:「歴女」って何だ?! 戦国アクションゲームをとりまく動向を徹底解明!〜キーワードは「もてなし」と「地方とのコラボレーション」〜

  5. 無限のカーライフ!『Test Drive Unlimited 2』日本版プレイレポ

  6. 海外ゲーマーが選ぶゲームの悪役ベスト25−栄光のトップは一体だれ?

  7. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  8. 2020年1月発売の新作ゲームは何を買う?注目タイトルまとめ!【年末年始特集】

  9. NHK「クローズアップ現代+」でVR特集 ― 吉田修平や原田勝弘が出演

  10. 「ソーシャルゲームのすごい仕組み」 いま何が起きているか理解する最適の1冊

アクセスランキングをもっと見る