人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2009】iPhoneやDSなど、期待のインディーズ系モバイルゲームが多数登場

ゲームビジネス その他

【GDC 2009】iPhoneやDSなど、期待のインディーズ系モバイルゲームが多数登場
  • 【GDC 2009】iPhoneやDSなど、期待のインディーズ系モバイルゲームが多数登場
  • 【GDC 2009】iPhoneやDSなど、期待のインディーズ系モバイルゲームが多数登場
  • 【GDC 2009】iPhoneやDSなど、期待のインディーズ系モバイルゲームが多数登場
  • 【GDC 2009】iPhoneやDSなど、期待のインディーズ系モバイルゲームが多数登場
  • 【GDC 2009】iPhoneやDSなど、期待のインディーズ系モバイルゲームが多数登場
  • 【GDC 2009】iPhoneやDSなど、期待のインディーズ系モバイルゲームが多数登場
GDCの分科会「GDC Mobile」で24日、「Independent Games Festival Mobile Award Ceremony」があり、タワーディフェンスゲームの「Fieldrnners」(Subatomic Studios)が、最優秀賞の「IGF Mobile Best Game」と、ビジュアル部門「Achivement in Art」の二冠に輝きました。開発陣は「ゲームを支えてくれたコミュニティのおかげ」と喜びをあらわにしました。




Fieldrnners
http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=292421271&mt=8



マップ上に砲台を配置し、画面の左から進撃してくる敵軍を、画面右側のゴールに達する前に殲滅するのが目的です。iPhone向けのタワーディフェンスゲームのはしりで、美麗なグラフィックや快適な操作性、優れた難易度調整なども相まって、大ヒットを記録しました。




以下、部門賞は下記の通りです。

■Inovation in Mobile Game Design(ゲームデザイン部門)
Galcon(Hassey Enterprises)
http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=285820845&mt=8



iPhone向けのリアルタイムストラテジーで、画面上に円で描かれた星系を占領しながら、敵軍の全滅をめざします。ベクタースキャン調のグラフィックと、マルチタッチに向いた操作性、優れた難易度調整などで、中毒性の高い内容です。

■Technical Achivement(技術部門)
Real Racing(Firemint)
http://www.firemint.com/realracing



近くリリースが予定されている、iPhone向けのドライブゲームです。現時点でほぼ最高峰のグラフィックレベルとなっている。グラフィックアクセラレーターを搭載していないiPhoneで、これだけの映像が実現できる点に驚かされます。

■Audio Achivement(サウンド部門)/Best iPhone Game(iPhone部門)
Zen Bound(Secret Exit)
http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=305199856&mt=8



本体を傾けて木像にロープを巻き付けていき、指定された面積を覆うという、斬新な内容のゲームです。和風テイストのグラフィックに、フィンランドの音楽家、Ghost Monky氏のサウンドが独特の世界観を作り上げていきます。iPhone部門とサウンド部門で二冠に輝きました。

■The Next Great Mobile Game
Reflection(Team Reflection - University of Southern California)
http://www.reflectionds.com/



学生によって作られた、DSの上画面と下画面で別々のキャラクターを操作する横スクロールのパズルアクションです。下画面のキャラクターが影となる「ゴーストモード」もあり、上下の画面をにらみながら操作するパズル性が楽しいゲームです。

「Independent Games Festival Mobile Award Ceremony」は、毎年Game Developer's Choice Awardと併設して行われる本家「Independent Games Festival」のモバイル版という位置づけで、今年で2回目の開催となります。今年の特徴はなんといってもiPhone向けタイトルの台頭で、受賞作7作のうち6作を占め、ノミネート作についても28作のうちDS1本、PSP1本を除けば、すべてiPhone関連でした。

Intel製マックとiPhone・touchがあれば、誰でもすぐに開発でき、世界中に配信できるiPhoneは、インディーズゲーム開発者にとって理想的なプラットフォームだといえます。一方で今年はアンドロイドOS搭載の携帯端末も普及が見込まれます。来年度にどのようなタイトルがリリースされるのか、今から楽しみです。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

    京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

  2. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  3. 【WHF 2009夏】次世代ワールドホビーフェア09 Summer フォトレポート

    【WHF 2009夏】次世代ワールドホビーフェア09 Summer フォトレポート

  4. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 【レポート】「Oculus Rift」製品版の開封&セットアップ解説をお届け

  6. アメリカゲーム業界就職事情・・・日本とは違うサバイバル術

  7. 【プレイレビュー】『ファークライ 3』日本語版Co-opマルチプレイモードプレビュー&プレイ動画

  8. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  9. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  10. 消費者庁、コンプガチャを禁止へ・・・ソーシャルゲーム各社に近く通知

アクセスランキングをもっと見る