人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2009】EA Mobile、全力のiPhoneラインナップを発表

ゲームビジネス その他

【GDC 2009】EA Mobile、全力のiPhoneラインナップを発表
  • 【GDC 2009】EA Mobile、全力のiPhoneラインナップを発表
  • 【GDC 2009】EA Mobile、全力のiPhoneラインナップを発表
  • 【GDC 2009】EA Mobile、全力のiPhoneラインナップを発表
  • 【GDC 2009】EA Mobile、全力のiPhoneラインナップを発表
  • 【GDC 2009】EA Mobile、全力のiPhoneラインナップを発表
  • 【GDC 2009】EA Mobile、全力のiPhoneラインナップを発表
  • 【GDC 2009】EA Mobile、全力のiPhoneラインナップを発表
  • 【GDC 2009】EA Mobile、全力のiPhoneラインナップを発表
GDC2日目、分科会「GDC Mobile」でEA MobileのTravis Boatman氏はゴルフゲーム『Tiger Woods PGA Tour』のiPhone版発売と、単語作成ゲーム『SCRABBLE』iPhone版のアップデート詳細を発表しました。



ともに英語版で、『SCRABBLE』は北米で4.99ドルで配信されており、本日(24日・米国時間)無料アップデートとなります。



『Tiger Woods』では、操作はタッチパネルで行います。はじめにスタンスとクラブを設定したら、パワーゲージを表示して、上下に指をスライドさせてスイングします。インパクトした後は、ボールを前後左右に指でスライドして、スピンさせる仕組みです。EAのスポーツゲームらしく、Tigerの動きはモーションキャプチャされたデータを元にしており、リアル指向で表現されています。



『SCRABBLE』ではアップデートで、アメリカで人気のSNS「Facebook」のログイン共有サービス「Facebook Connect」がサポートされました。これによりiPhoneとFacebook、つまりPCとの間で対戦したり、チャットなどが可能になります。PC間で対戦して、途中で外出する際にiPhoneで続きをプレーすることもできます。



Travis氏は、これ以外にも数多くのiPhone版タイトルを発表し、iPhoneに全力投球していく姿勢を示しました。ビデオ映像では『BATTLESHIP』『CONNECT4』『The SIMS3』『Risk』『American Idol』『SPORE creatures』『COMMAND AND CONQUER RED ALERT』『NBA LIVE 10』などが見られました。



このほかTravis氏は日米欧のモバイルゲーム市場の見通しについて語りました。まず市場面では欧州のJava搭載端末での売上を除き、全世界的に通常の携帯電話での売上が微減、もしくは減少するのに対して、iPhoneの登場が引き金となって、スマートフォンでのゲーム市場が急成長するという見通しを示しました。また2008年のスマートフォンの世界販売台数は、前年度13.9%増の1億3930万台に達したと述べました。

このほか端末の将来像については、1977年のATARI2600でゲーム業界が生まれてから、NES(1985年)からPS3(2006年)、携帯電話(2000年)からiPhone(2007年)と、共に表現力の拡大という歴史が見られたことを指摘しました。その上で今後の進化については不明だが、EA Mobileとして全力でタイトルを投入していく姿勢を表明しました。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

    日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  3. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

    【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

  4. 【インタビュー】もっと気楽に「SHOTGUN」を―ドリコムによる導入事例を訊く

  5. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  6. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  7. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  8. ゲーム1本の開発期間は平均16ヶ月、開発者の38%が据置機に携わりたいと思っている…CEDECのゲーム開発者調査が公開

  9. 2017年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. 川島隆太教授、『脳トレ』のロイヤリティは受け取らず

アクセスランキングをもっと見る