人生にゲームをプラスするメディア

エマージェント、ゲームエンジン「Gamebryo」の新シリーズ「Gamebryo LightSpeed」をリリース

ゲームビジネス その他

エマージェント、ゲームエンジン「Gamebryo」の新シリーズ「Gamebryo LightSpeed」をリリース
  • エマージェント、ゲームエンジン「Gamebryo」の新シリーズ「Gamebryo LightSpeed」をリリース
Emergent Game Technologiesは2009年3月2日(月)、ゲームエンジン「Gamebryo」の新シリーズとして、デザイナーのニーズに焦点を合わせた製品である「Gamebryo LightSpeed」を発表しました。

公式サイトでの告知


「Gamebryo LightSpeed」は、従来の「Gamebryo」におけるレンダリングを中心とした機能に加え、プロトタイピングの効率化、イテレーションの効率化、ワンワークフロー、リアルタイプアップデートなどの新機能も付加され、よりいっそう、ゲーム開発の現場での有効性を高めています。またリアルタイムのアップデートをデータドリブン型フレームワークによって実現し、ゲーム開発をシンプルにすることが可能となっています。

現在のエンジンソリューションでは縦割り型のオプションが提供されるのに対し、「Gamebryo LightSpeed」では、使用するコンソールやPCプラットフォームを問わず、任意のジャンルのゲームを作成できます。「Gamebryo LightSpeed」では、プロトタイプから最終製品に至るクリエイティブなプロセスがすべてサポートされるため、チームはプロジェクトの時間とリスクを低減しながら、より優れたゲーム作成を進めることができるとのことです。

また「Gamebryo LightSpeed」で作成したプロトタイプはワーキングモデルとなるため、実際にプロジェクトが始動した場合、そのままプロトタイプを実際の製作に流用することが可能です。

データドリブン型アプローチでは、ゲームオブジェクトの動作、パラメータ、および外観を作成・変更できる一方、コンパイルし直すことなくリアルタイムに結果を確認することが可能です。

「Gamebryo LightSpeed」は、PLAYSTATION3システム、Xbox360、Wii、PC、およびダウンロードタイトルで利用できます。

なお、2009年3月25日(水)〜27日(金)にカリフォルニア州サンフランシスコで開催されるGame Developers ConferenceのEmergent Game Technologies社ブース(北ホール、ブース番号5818)において、「Gamebryo LightSpeed」のデモならびにプレゼンテーションが行われます。
《池本淳》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

    サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

  3. リアルタイムカードゲーム『ラストグノウシア』開発・配信がブシロードからダイダロスに移管

    リアルタイムカードゲーム『ラストグノウシア』開発・配信がブシロードからダイダロスに移管

  4. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  5. 巨大なゲーム市場、大人は消費し若者は無料で遊ぶ【オールゲームニッポン】

  6. 『クラッシュ・オブ・クラン』のスーパーセル、1日の売上が5億円、ユーザーは1940万人・・・ハッキングされ暴露

  7. 【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

  8. 健康にゲームをするために休憩とストレッチを

  9. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  10. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

アクセスランキングをもっと見る