人生にゲームをプラスするメディア

『街へいこうよ どうぶつの森』が犯罪のターゲットに?―米国

米国の中部ミズーリ州インターネット犯罪特捜部は『街へいこうよ どうぶつの森』のようなゲームが児童を狙った犯罪のターゲットとなると警告します。

任天堂 Wii
米国の中部ミズーリ州インターネット犯罪特捜部は『街へいこうよ どうぶつの森』のようなゲームが児童を狙った犯罪のターゲットとなると警告します。

最近海外ではゲーム機のネットワーク機能を悪用した児童への犯罪が続いており、先日も11歳の少女にヌード写真を要求した男が捕まったばかり。特捜部は、一緒に遊んでいる相手は年齢を偽った大人かもしれないとして警告を発しています。

特捜部のAndy Anderson氏は、大人が『街へいこうよ どうぶつの森』のようなゲームをやっているなら、それは間違った目的のためかも知れないと警鐘を鳴らします。

親は子供に対して「知らない人と話してはいけない」と教えますが、『街へいこうよ どうぶつの森』のようなゲームはコミュニケーションを主眼に据えた内容であり、これをインターネット経由で遊ぶことは間違った目的を持った大人が子供にアクセスする機会となるので、両親はWiiで遊ぶ子供に注意しなければならない……とするのが特捜部の主張。

『街へいこうよ どうぶつの森』ばかりではなく、メッセージをやり取りするゲームの全てにこうした危険性があるとされています。

中部ミズーリ州インターネット犯罪特捜部は、コロンビア警察とブーン群の保安官事務所及び検事事務所といった複数の法執行機関の共同で設立され、インターネット犯罪への対策を行います。

任天堂は安全対策として「ともだちコード」を導入していますが、友達の輪を広げるためにインターネット上でこれを公開するような動きもあり、ゲームを遊ぶ子供と親の両方に危機意識が求められることとなりそうです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

    『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

  2. 『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

    『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

  3. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

    『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  4. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  5. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  6. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  7. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  8. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  9. 『スマブラSP』特定のスピリッツが出現しやすい「スピリッツイベント」12月14日より開催! “メガネキャラ”ゲットのチャンス

  10. 『スマブラSP』今作のCPUは過去最強!?あなたのCPUに対する評価はどれくらい?【アンケート】

アクセスランキングをもっと見る