人生にゲームをプラスするメディア

THQがディズニー/ピクサーの新作映画「Up」の権利を獲得

ゲームビジネス その他

THQがディズニー/ピクサーの新作映画「Up」の権利を獲得
  • THQがディズニー/ピクサーの新作映画「Up」の権利を獲得
THQは、ディズニー/ピクサーの最新作「Up」を題材にしたゲームを2009年春に主要な全てのプラットフォームでリリースすると発表しました。開発は前作『WALLa-E』や『レミーのおいしいレストラン』を開発して高い評価を受けたTHQ傘下のHeavy Iron Studios。プラットフォームは、Wii、DS、Xbox360、PS3、PS2、PSP、Games for Windows、Macが予定されています。

「Up」は78歳の主人公カール・フレドリクセンを描いた異色のアニメ映画。妻を亡くし、一人で小さな家に住んでいたフレドリクセンでしたが、平凡な日々に飽き飽きし、バルーンのセヘルスマンだったという過去を生かして、家に沢山のバルーンを付け、空に旅立ちます。そして、たまたま家にしがみついていたラッセルという少年との冒険が始ります。

ゲームは映画を活かしたものになり、マルチプレイヤーモードも含まれる予定だということです。

現在のところ国内での発売予定は未定です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  2. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  3. 【GDC2012】一番難しいステージは最終面の一つ前・・・ロープを斬るシンプルアクション『Cut the Rope』作者が語るデザイン

    【GDC2012】一番難しいステージは最終面の一つ前・・・ロープを斬るシンプルアクション『Cut the Rope』作者が語るデザイン

  4. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  5. 米大手ゲーム小売店、上位4メーカーで売上の65パーセント

  6. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

  7. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  8. 迫力のドット絵でサイバーパンクを表現した『The Last Night』がクール!家庭用版も開発中

  9. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  10. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

アクセスランキングをもっと見る