人生にゲームをプラスするメディア

全身ラバー製の電気ネズミコスチューム−ピカチュウじゃなくて「ピカチョー」

英国のObsidian Designは、黄色いネズミ風のラバーコスチュームのデザインを発表しました。

任天堂 DS
全身ラバー製の電気ネズミコスチューム−ピカチュウじゃなくて「ピカチョー」
  • 全身ラバー製の電気ネズミコスチューム−ピカチュウじゃなくて「ピカチョー」
  • 全身ラバー製の電気ネズミコスチューム−ピカチュウじゃなくて「ピカチョー」
  • 全身ラバー製の電気ネズミコスチューム−ピカチュウじゃなくて「ピカチョー」
  • 全身ラバー製の電気ネズミコスチューム−ピカチュウじゃなくて「ピカチョー」
英国のObsidian Designは、黄色いネズミ風のラバーコスチュームのデザインを発表しました。



このネズミは「Pikachoo」(ピカチョー)と名付けられており、「Pikachu」(ピカチュウ)とは別物の模様。「日本のマンガやアニメで“電気ネズミ”と言われるキャラクターに基づいている」とのこと。

コスチュームはラテックスとゴムで作られており、着用の際には空気で膨らませることが必要。「ピカチョー」の口から外を見ることができるとのことです。女性用の「ミス・ピカチョー」も用意されていますが、こちらの画像はありませんでした。



Obsidian Designは青いネコ風の「Doraimon」や10万馬力風の「Astro kid」といったラバーコスチュームをデザインしており、これらのコスチュームはコンタクトを取れば購入可能とのこと。

海外サイトDestructoidでは「これ、何に必要なの?」「銃で自殺したくなってきた」「AHHHHHHHHHHHHH NONONONONONONONONONONO」「アジアの人がこれを気に入るようならインターネットが崩壊して新しい時代が始まるね」「凄くいいね」「足がロックマンっぽい」「これ、女性版あるの?あるんだったらアムステルダムの女の子に着てもらう」「自分の鼻に骨をぶち抜いて横向きにペンを刺してこれを見たことを忘れる」等、様々な意見が噴出しており、ピカチョー旋風はまだまだ猛威を振るいそうです。
《水口真》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ』×『モンハンストーリーズ2』新たな連動要素が発表!体験版プレイで“特別な護石”をプレゼント

    『モンハンライズ』×『モンハンストーリーズ2』新たな連動要素が発表!体験版プレイで“特別な護石”をプレゼント

  2. 『ゲーム&ウオッチ ゼルダの伝説』11月12日発売!GB版『夢をみる島』まで収録、懐かしの名作がいつでも手軽に楽しめる【E3 2021】

    『ゲーム&ウオッチ ゼルダの伝説』11月12日発売!GB版『夢をみる島』まで収録、懐かしの名作がいつでも手軽に楽しめる【E3 2021】

  3. E3で発表された『メトロイド ドレッド』は2005年に開発中止になっていた幻の作品!いま復活するスゴさを語らせてくれ

    E3で発表された『メトロイド ドレッド』は2005年に開発中止になっていた幻の作品!いま復活するスゴさを語らせてくれ

  4. 「Switch Proが発表されました」―新型スイッチの登場を報じたBloomberg、そのレポーターによるジョークが話題に

  5. 『スーパーロボット大戦30』対応機種はスイッチ/PS4/PCに!「コードギアス 復活のルルーシュ」はじめ、一部参戦作品も正式発表

  6. 『モンハンライズ』ムービーシーンをぶち壊す“インパクト抜群な頭装備”たちに注目!その顔でシリアスパートは無理でしょ

  7. 『スマブラ』カズヤ参戦の記念イラストを『鉄拳』公式Twitterが投稿!さあ、リュウはどんどん落としちゃおうね~

  8. 『モンハンライズ』Ver3.1を6月24日に配信!8月までのロードマップ詳細が明らかに【E3 2021】

  9. 『モンハンライズ』ネコ双剣「レイジネイルー」の半端ない火力はもう体験した?唯一無二の“確定会心”、見た目はネタ武器だけど実力は本物

  10. 『スマブラSP』カズヤ参戦PVの前日譚?桜井氏による「vsガノンドロフ戦スクショ」が話題に!目を見開くガノン…迫るは“超ぱちき”

アクセスランキングをもっと見る