人生にゲームをプラスするメディア

コードマスターズがWii向けのソフトに注力−「大きな頭のキャラクターのスポーツで競争はしない」

任天堂 Wii

Codemastersは今後Wii向けソフトに注力するとする見解を明らかにしました。

MCVでは同社のゼネラルマネージャーであるJeremy Wigmore氏とマーケティング担当バイスプレジデントのAlex Bertie氏のインタビューが公開されています。

「Codemastersはこれまで次世代ゲーム機に注力してきたが、Wii用ゲームを出すということは方針を変えるのか」という質問に対し、マーケティング担当バイスプレジデントのAlex Bertie氏は「CodemastersはWiiに対して慎重な態度を取ってきた。我々は安くてくだらないゲームを出すつもりはない。例えばWiiの『Dirt』は『マリオカート』ではないし、『Overlord 2』はゲーマーのためのゲームだ。我々はゲーム屋の棚に溢れる「大きな頭のキャラクターが出てくるスポーツゲーム」で競争するつもりはない。あなたが見るのは、Wiiのために作られるゲーマーのための良質なゲームだ」とコメント。

ゼネラルマネージャーであるJeremy Wigmore氏は「我々は小売業者をエキサイトさせるだろう。DSとWiiには大量生産のゲームが溢れているが、我々のゲームはこれをホワイトノイズにする」と語り、Wiiに高品質のゲームを供給するという姿勢を明らかにしました。

これまで同社は2007年に1タイトル、2008年に2タイトルのゲームをWiiで発売してきましたが、今年は『Overlord Dark Legend』『Dragonology』『Dirt 2』など既に3タイトルをアナウンスしています。

Wiiにはハードコアゲーマーに向けたゲームが不足していると言われており、既に『MADWORLD』『The Conduit』といったゲームが名乗りを上げています。同時に『EA Sports Active』『Gold's Gym: Cardio Workout』といったフットネスゲームに代表されるライト層への取り組みも活発になっており、ハードコア層とライト層のどちらに何を訴えていくのか、2009年のWiiにはバランス感覚が求められていくことになりそうです。
《水口真》

任天堂 アクセスランキング

  1. スイッチ向けアケコン「リアルアーケードPro.V HAYABUSA」は7月発売に、詳細情報が公開

    スイッチ向けアケコン「リアルアーケードPro.V HAYABUSA」は7月発売に、詳細情報が公開

  2. 『ARMS』体験会で勝率1位のファイターは「メカニッカ」!強靭なボディとパワーが勝利の秘訣?

    『ARMS』体験会で勝率1位のファイターは「メカニッカ」!強靭なボディとパワーが勝利の秘訣?

  3. スクエニ、 Project SETSUNAの第2弾『ロストスフィア』を発表! 世界を取り戻す戦いがスイッチ/PS4に登場

    スクエニ、 Project SETSUNAの第2弾『ロストスフィア』を発表! 世界を取り戻す戦いがスイッチ/PS4に登場

  4. スイッチ向け「モンハンXX スペシャルパック」がイーカプで予約開始―即品切れ状態に…【UPDATE】

  5. 『ARMS』6月3日・4日の「のびーるウデだめし」では「バスケット」「マトアテ」もプレイ可能

  6. 【Wii U DL販売ランキング】首位『ゼルダ』以下TOP3が順位をキープ、『ドラゴンクエストX』にも注目が集まる(5/29)

  7. 『スプラトゥーン2』新キャラ「コジャッジくん」ぬいぐるみ化が決定!「ジャッジくん」のビッグサイズぬいぐるみも

  8. スイッチ版『モンハン ダブルクロス』ニュースまとめ ─ 予約情報・最新映像・セーブデータ仕様などをチェック

  9. 一番くじ「Pokemon Collectionくじ 2017」景品画像が公開、かわいすぎるぬいぐるみや雑貨が勢揃い

  10. 【プレイレポ】『ARMS』先行オンライン体験会から見えた可能性とネック ─ 問題は「いいね持ち」か

アクセスランキングをもっと見る