人生にゲームをプラスするメディア

飯野賢治が帰ってくる! GDCに参戦

ゲームビジネス その他

飯野賢治が帰ってくる! GDCに参戦
  • 飯野賢治が帰ってくる! GDCに参戦
『Dの食卓』や『エネミー・ゼロ』を手がけた飯野賢治氏がゲームの世界に帰ってきそうです。

飯野氏のブログ「eno blog」にて、「ご挨拶。」というエントリーで、「GET BACK」という画像と短いコメントで復帰の表明がされています。「GET BACK」にはGoogle Mapで、今月23日からゲームデベロッパーズカンファレンスが開催される米サンフランシスコのモスコーンセンターが指されています。

現在のところ講演リストでは飯野氏の名前は確認できませんが、久々に飯野節を聞くことができるかもしれません。

飯野氏は昨年iPhone/iPod touch向けにリリースした『newtonica』を、ゲームデザイナーの西健一氏と共に手がけています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VRは次のステップへ。さらなる進化を。SIEWWS吉田プレジデントインタビュー【E3 2018】

    VRは次のステップへ。さらなる進化を。SIEWWS吉田プレジデントインタビュー【E3 2018】

  2. 今週発売の新作ゲーム『Jurassic World Evolution』『グランクレスト戦記』『GOD WARS 日本神話大戦』『スーパーボンバーマンR』他

    今週発売の新作ゲーム『Jurassic World Evolution』『グランクレスト戦記』『GOD WARS 日本神話大戦』『スーパーボンバーマンR』他

  3. 【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

    【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

  4. 任天堂アメリカが海外YouTuberに「著作権侵害」申し立て―怒りを露わにした批判映像も

  5. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  6. 【CEDEC 2014】データの見方を間違えて失敗した5つの例・・・DeNAの分析担当者が語る

  7. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  8. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  9. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  10. NESもメガドラも携帯機もこれ一台で!レトロハード9種合体互換機「RetroN 5」ついに販売開始

アクセスランキングをもっと見る