人生にゲームをプラスするメディア

『ドラゴンクエスト』公式サイト一新、SQEXメンバーズとの連携も

ゲームビジネス その他

スクウェア・エニックスは2009年3月2日(月)、『ドラゴンクエスト』シリーズの公式サイトをリニューアルした。

これまでの『ドラゴンクエスト』シリーズ公式サイトは、「天空の城下町」というサブタイトルのもと、同シリーズの世界観を楽しみつつ最新情報が確認できるサイトとして運営されてきた。

リニューアル後のサイトには、「天空の大神殿」というサブタイトルが付けられており、「天空の城下町」をさらにパワーアップされたコンテンツが用意される。

そして本サイトでは、『ドラゴンクエスト』の世界で冒険者となって過ごしたり、カジノなどのミニゲームを楽しむことができる。

さらにサイトでは、同社の無料会員制サービス「スクウェア・エニックス メンバーズ」との連携も予定されている。

なお、公式サイトのリニューアルにあわせて、際とアドレス(URL)も変更された。
Gpara.com

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VRは次のステップへ。さらなる進化を。SIEWWS吉田プレジデントインタビュー【E3 2018】

    VRは次のステップへ。さらなる進化を。SIEWWS吉田プレジデントインタビュー【E3 2018】

  2. 【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

    【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

  3. 今週発売の新作ゲーム『Jurassic World Evolution』『グランクレスト戦記』『GOD WARS 日本神話大戦』『スーパーボンバーマンR』他

    今週発売の新作ゲーム『Jurassic World Evolution』『グランクレスト戦記』『GOD WARS 日本神話大戦』『スーパーボンバーマンR』他

  4. 任天堂アメリカが海外YouTuberに「著作権侵害」申し立て―怒りを露わにした批判映像も

  5. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  6. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  7. 【CEDEC 2014】データの見方を間違えて失敗した5つの例・・・DeNAの分析担当者が語る

  8. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  9. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  10. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

アクセスランキングをもっと見る