人生にゲームをプラスするメディア

Androidケータイ向けに『スペースインベーダー』『アルカノイドDo It Again』が配信開始!

タイトーは2009年2月27日(金)より、携帯電話向けプラットフォーム「Android」向けのコンテンツマーケット「Android Market」にて『スペースインベーダー』と『アルカノイドDo It Again』の配信を米国内で開始しました。

モバイル・スマートフォン 全般
アルカノイドDo It Again
  • アルカノイドDo It Again
  • スペースインベーダー
  • アルカノイドDo It Again
  • スペースインベーダー
  • アルカノイドDo It Again
  • スペースインベーダー
  • アルカノイドDo It Again
  • スペースインベーダー
タイトーは2009年2月27日(金)より、携帯電話向けプラットフォーム「Android」向けのコンテンツマーケット「Android Market」にて『スペースインベーダー』と『アルカノイドDo It Again』の配信を米国内で開始しました。

「Android」対応端末に向けて、タイトーでは体験版『アルカノイドDo It Again Lite』の配信を行っていましたが、「Android Market」が課金サービスを開始したことに合わせて、本格参入しました。『スペースインベーダー』は、1978年に世界的なブームを巻き起こしたテレビゲームの元祖で、30年を経た今でも家庭用をはじめさまざまなプラットフォーム上でプレイされています。今回配信開始となった『スペースインベーダー』は、ゲーム性はそのままに、タッチスクリーン操作により、これまでにない直感的なプレイが可能とのこと。もちろん、「名古屋撃ち」などの原作オリジナルの裏技も完全に再現されています。

『アルカノイド』は、1986年にアーケードゲームとして登場、家庭用ゲームでも発売されている名作ブロック崩しゲームです。バウス(自機)を使ってボールを落とさないように打ち返しブロックを崩していくだけの簡単ルールながらも、バリエーション豊かなアイテムの出現と全99ステージのボリュームで飽きることなくプレイ可能となっています。

いずれのゲームも、世界初のAndroid搭載携帯「T-Mobile G1」の特徴であるタッチスクリーンならびにトラックボール(『スペースインベーダー』は非対応)の向けのチューニングが行われており、スムーズでストレスフリーな操作感を実現。また端末画面のポートレート(縦長)、ランドスケープ(横長)の切り替えにも瞬時に対応しています。

価格はいずれも$5.99で、現在は米国地域のみで配信中です。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ピカ・ブイ』やるなら『ポケGO』もやろうぜ!今から始める人が知っておきたい5つの事【ポケモンGO 秋田局】

    『ピカ・ブイ』やるなら『ポケGO』もやろうぜ!今から始める人が知っておきたい5つの事【ポケモンGO 秋田局】

  2. ASUSのゲーミングスマホ「ROG Phone」日本上陸―11月23日発売で約12万円

    ASUSのゲーミングスマホ「ROG Phone」日本上陸―11月23日発売で約12万円

  3. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

    誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  4. Cygames、『リトルノア』のサービス終了を発表―運営・ユーザー共に感謝の気持ちを伝え合う

  5. 『FGO』ガチャの○○教はどれくらいの効果を発揮するのか?死ぬ気で計367連引いて調べてみた!

  6. コナミ、『ときめきアイドル』のサービス終了を発表―引き続きゲームを楽しめる「オフライン版ver.2.0」が配信予定

  7. 『Sdorica』×『DEEMO』コラボイベント開催!「アリス」や「Deemo」と共に不思議な冒険へ…

  8. 『ぷよクエ』「ぐぐぐぐアルル」が登場する“第1回プワープチャレンジ”開催中!

  9. 『グラブル』×『プリコネR』コラボイベント開催決定!「ペコリーヌ」「コッコロ」&武器「アイスクレイモア」「司法神の錫杖」が登場

  10. 『FGO』第2部OPから考察する新たなサーヴァントたち、君の名は……【特集】

アクセスランキングをもっと見る