人生にゲームをプラスするメディア

Android携帯電話で、『ボンバーマン』と『ネクタリス』が販売開始!

モバイル・スマートフォン 全般

Bomberman Dojo
  • Bomberman Dojo
  • Military Madness
  • Bomberman Dojo
  • Military Madness
  • Bomberman Dojo
  • Military Madness
  • Bomberman Dojo
  • Military Madness
ハドソンはアメリカ西海岸時間の2009年2月20日(金)に、「Android」搭載携帯電話向けダウンロード販売窓口である「Android Market」において有料アプリの販売が開始されたのに合わせて、同日より『Bomberman Dojo』『MilitaryMadness』の2タイトルを配信開始しました。現在の配信国は北米のみですが、今後、欧州でも同コンテンツを配信する予定です。

「Android」は米GoogleとOpen Handset Allianceが開発したオープンモバイルプラットフォームです。ハドソンはすでに、「Android Market」が開設された2008年10月より、「Android」搭載携帯電話向けタイトルとして、無料のカジュアルゲーム3タイトルを配信していましたが、今回は有料アプリとしての配信となりました。

『Bomberman Dojo』は、『ボンバーマン』シリーズの最新版として「Android」向けにあらたに制作されたものです。ボンバーマンの聖地「ボバルの塔」に挑戦したプレイヤーは、爆弾の置き方や敵の倒し方などにより、技術レベル(腕前)が認定されます。別のモードでは、専用のマップエディタを使ってオリジナルステージの制作が可能です。一方『Military Madness』は、『ネクタリス』というタイトルで家庭用ゲーム機やモバイル向けに発売されている本格戦闘シミュレーションゲーム。味方ユニットが近くにいると攻撃力がアップする「支援効果」など、独自のゲームシステムはそのままに、タッチ操作に最適化された新インターフェイスが導入されました。

また、各種の登場ユニットから戦闘演出まで、すべてのグラフィックを一新。いずれも既存のモバイル版のおもしろさをそのままに、大幅にアップグレードされています。

『Bomberman Dojo』『Military Madness』はともに$4.99で発売されています。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 地域格差に革命を!近所の田んぼにポケモンジムが爆誕した件【ポケモンGO 秋田局】

    地域格差に革命を!近所の田んぼにポケモンジムが爆誕した件【ポケモンGO 秋田局】

  2. 『オーバーロード』初のスマホ向けゲーム化が決定!「スタッフ・オブ・アインズ・ウール・ゴウン」が貰える事前登録キャンペーンも

    『オーバーロード』初のスマホ向けゲーム化が決定!「スタッフ・オブ・アインズ・ウール・ゴウン」が貰える事前登録キャンペーンも

  3. 『FGO』「復刻:デッドヒート・サマーレース! ~夢と希望のイシュタルカップ 2017~ ライト版」開催決定!

    『FGO』「復刻:デッドヒート・サマーレース! ~夢と希望のイシュタルカップ 2017~ ライト版」開催決定!

  4. 【お知らせ】『Sdorica (スドリカ)』とのTwitterコラボがスタート―インサイドちゃんの美しさにも磨きが掛かる!

  5. 『ポケモンGO』「色違いヨーギラスはゲットできた?」読者アンケ結果発表

  6. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  7. 『バンドリ!』×『ペルソナ』シリーズコラボ開催決定!イベント&ガチャは「Afterglow」が担当

  8. 誰もが羨む色違いカイオーガ、見つけるまで帰れま(以下略)【ポケモンGO 秋田局】

  9. 『FGO』今年の夏イベントで水着になってほしいサーヴァントは誰?【読者アンケート】

  10. 近所の田んぼにある石碑がポケストップになったよ!【ポケモンGO 秋田局】

アクセスランキングをもっと見る