人生にゲームをプラスするメディア

『MOTHER』がバーチャルコンソールで配信されない理由?

任天堂 Wii

『3』で完結を見た『MOTHER』シリーズは海外では『EarthBound』というタイトルで知られ、多くのファンが存在します。しかし現在のところ、発売されているのは『2』のみで『3』の発売は未定です。せめて「バーチャルコンソール」で過去作品を遊びたいという願いも今のところ叶えられていません(日本も同様)。

ところが、昨年春に『EarthBound』はバーチャルコンソールで配信されるという情報が飛び交っていました。レーティング審査機関ESRBが承認したというものです。その裏にはファンサイト「STARMEN.NET」や米国のファン達の活動がありました。しかしながら、結局『EarthBound』は今までのところ配信されていません。その裏側をSTARMEN.NETが公開して話題になっています。

これが真実かどうかは分かりませんが、STARMEN.NETが最大の理由として挙げているのは、『MOTHER』の音楽には様々なバンドへのオマージュが含まれていることです。それはこちらで確認できます。また、音楽以外にも、赤十字と思わしきデザインやスカイウォーカーという名称など多数の箇所で日本版から海外版の移植の過程で修正されたものがあります。

ニュースでも度々伝えていますが、企業と訴訟は付きもので、このような箇所には細心の注意が必要です。ヒット商品の宿命か任天堂はWiiやDSで多数の訴訟を抱えています。特に訴訟社会である米国です、バーチャルコンソールでの『EarthBound』の配信は任天堂オブアメリカ(NOA)の法務部がノーと言ったようです。また、音楽を修正するという提案は日本の任天堂が拒否したとSTARMEN.NETは伝えています。

このことを裏付ける一つの状況証拠は『大乱闘スマッシュブラザーズX』の海外版から『MOTHER2』の体験版が削除されているということです(その他のゲームは収録)。

バーチャルコンソールで遊びたいのゲームのトップに選ばれるなど人気の作品ですが、今のところ実現は少し難しそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』ハイカラスクウェアで見つけた小ネタ集、隠しガッツポーズや謎の巨大ソーセージも登場?

    【特集】『スプラトゥーン2』ハイカラスクウェアで見つけた小ネタ集、隠しガッツポーズや謎の巨大ソーセージも登場?

  3. ニンテンドースイッチ『NAMCO MUSEUM』の配信日が7月28日に決定、任天堂とコラボした幻のタイトル「パックマン vs.」も収録

    ニンテンドースイッチ『NAMCO MUSEUM』の配信日が7月28日に決定、任天堂とコラボした幻のタイトル「パックマン vs.」も収録

  4. 【読者アンケート】『スプラトゥーン2』ジャイロ使っていますか?

  5. 3DS『メトロイド サムスリターンズ』公式サイトを公開─DL派に嬉しい「SPECIAL EDITION(ゲームカードなし」も登場

  6. 【読者アンケート】「『スプラトゥーン2』休暇を取った人いる?」結果発表─なぞの病にかかって休んだ人の割合は…!?

  7. 海外レビューハイスコア『スプラトゥーン2』

  8. 『ロストスフィア』10月12日発売決定! スイッチ/PS4版の特典情報も

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』グッズ&イベント情報まとめ ─ ゲームの外でもイカの世界を楽しもう!

  10. 「ミニ スーパーファミコン」予約状況や発売時期、収録タイトルなど現時点での情報まとめ

アクセスランキングをもっと見る