人生にゲームをプラスするメディア

プロジェクトソラという新しいゲームづくりの提案、ソラ桜井政博×任天堂岩田聡

任天堂の全面協力を受けスタートしたプロジェクトソラ。『大乱闘スマッシュブラザーズX』のディレクターを務めた桜井政博氏が中心となり、任天堂単独では出来ないモノづくりを行います

ゲームビジネス その他
任天堂の全面協力を受けスタートしたプロジェクトソラ。『大乱闘スマッシュブラザーズX』のディレクターを務めた桜井政博氏が中心となり、任天堂単独では出来ないモノづくりを行います

発表と同時に公開されたプロジェクトソラのサイト内には、有限会社ソラの桜井氏と任天堂社長の岩田聡氏が、このプロジェクトに関する対談をそのまま全文掲載されていて、「任天堂の進化の方向を見て、あんまりそこに当てはまらないものを意識して制作を進めるつもりです」と、新作タイトルに対する方向性が語っています。

プロジェクトソラは1プロジェクトのためだけの拠点となる会社です。このような形は珍しいですが、前回の『大乱闘スマッシュブラザーズX』で同様の形で1プロジェクトのためにスタッフを集め、それが大きな成功を収めたことからこのような形が取られたようです。所在地は「交通の便も食事の便も良い」飯田橋で、約30名のスタッフが予定されています。現在プログラマやデザイナーなど幅広い職種で求人が掲載されています。

会社概要を見ると代表は桜井氏ではなく、任天堂の松島愛祐氏です。松島氏は2002年の入社で「Wiiメニュー」などを手がけた環境制作部に所属しました。桜井氏ともう一人の取締役となっている高橋伸也氏は情報開発部のプロデューサーで『みんなの常識力テレビ』のプロデューサーのほか多数のタイトルに関わっています。

桜井氏は独立後、2005年に発売されたDS向けパズルゲーム『メテオス』のゲームデザイン、2006年にセガから発売された携帯型ゲーム機「そだてて!ムシキング」のゲームデザイン、そして2008年Wii向けタイトル『大乱闘スマッシュブラザーズX』のディレクターを務めました。

プロジェクトソラから作り出されるこれまでにない新しいタイトル。ハードもジャンルも謎に包まれていますが、今後の続報に期待が高まります。
《》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコンがゾンビを緊急募集中―全世界での深刻なゾンビ不足を“あなたの手”で救え!

    カプコンがゾンビを緊急募集中―全世界での深刻なゾンビ不足を“あなたの手”で救え!

  2. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

    ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  3. 『ドラゴンクエスト』新規HDタイトルの発足が明らかに!“次なる世代に向けたドラクエならではの挑戦”を始めている

    『ドラゴンクエスト』新規HDタイトルの発足が明らかに!“次なる世代に向けたドラクエならではの挑戦”を始めている

  4. 【CEDEC 2011】大規模なハイエンドゲーム開発をスクラムで~ディンプスの事例

  5. CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

  6. 【GDC 2013】「Miiverse」がゲームに与える影響と今後・・・ウェブ版も近日登場

  7. 「マンガ・アニメ・ゲーム議連」が自民党議員を中心に発足、アニメ殿堂や減税措置の導入を目指す 表現規制の反対派も加わる

  8. 今週発売の新作ゲーム『ファイアーエムブレム 風花雪月』『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』『東京2020オリンピック The Official Video Game』他

  9. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  10. ローカライズ専門会社アクティブゲーミングメディアが語る、海外ゲーム市場の動向

アクセスランキングをもっと見る

1