人生にゲームをプラスするメディア

テクモが第3四半期業績発表―ゲームは好調

コーエーとの統合を決めているテクモは、平成20年12月期通期業績を発表しました。それによれば、売上高70億3000万円(前年同期: 66億5900万円)、営業利益15億4600万円(16億2900万円)、経常利益11億5000万円(16億9800万円)、純利益1億9700万円(9億4700万円)となりました。ゲームは好調でしたが、その他の部門が足を引っ張りました。

ゲームビジネス その他
コーエーとの統合を決めているテクモは、平成20年12月期通期業績を発表しました。それによれば、売上高70億3000万円(前年同期: 66億5900万円)、営業利益15億4600万円(16億2900万円)、経常利益11億5000万円(16億9800万円)、純利益1億9700万円(9億4700万円)となりました。ゲームは好調でしたが、その他の部門が足を引っ張りました。

本業であるゲーム事業では、全世界100万本を超えた『NINJA GAIDEN 2』(Xbox360)、任天堂との共同プロジェクト『零〜月蝕の仮面〜』(Wii)、『DS山村美紗サスペンス』(DS)、『ノストルジオの風』(DS)、『MosterFarm DS2』(DS)、『DS西村京太郎サスペンス2』(DS)、『アルゴスの戦士 マッスルインパクト』(Wii)を発売したほか、『NINJA GAIDEN Σ』のリピートやベスト版が好調で、231万5000本を販売しました。ゲーム事業は営業利益、営業利益ともに前年比プラスの成績でした。

一方で、オンラインゲームの『モンスターファームオンライン』のサービスを一時停止したほか、パチンコ・パチスロ、おりじんるキャラクターのライツ事業、アミューズメント施設などが苦戦し足を引っ張る形となりました。

コーエーとの統合に伴い、これまで12月を期末としていたものが3月末へと変更になります。よって、次の会計年度は2009年1月1日〜3月31日の3ヶ月間となります。

また統合に合わせて、ゲーム開発費をこれまで仕掛かりとして処理していたものを、発生時に費用計上する方式に変更することに伴い、たな卸資産約33億円を特別損失で処理するとのことです。これにより翌期の業績予想は、売上高14億7000万円、経常損失11億8000万円、純損失50億円となります。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 令和に新作ファミコンカセットを自作!その知られざるテクニック&80年代カルチャーを「桃井はるこ」「なぞなぞ鈴木」らが語る【インタビュー】

    令和に新作ファミコンカセットを自作!その知られざるテクニック&80年代カルチャーを「桃井はるこ」「なぞなぞ鈴木」らが語る【インタビュー】

  2. マリオの1コインは370万円の価値あり!? ドルより強いゲーム通貨

    マリオの1コインは370万円の価値あり!? ドルより強いゲーム通貨

  3. 任天堂とディー・エヌ・エーの提携、市場は評価・・・連日の株高

    任天堂とディー・エヌ・エーの提携、市場は評価・・・連日の株高

  4. PSVR『クーロンズゲートVR』始動! あの「九龍城」が蘇る

  5. 【GDC2012】稲船敬二氏が語る「日本のゲーム業界が復活する唯一の方法」

  6. D3パブリッシャー、2009年3月期Q1業績を発表―コンシューマー低迷ながらモバイルは好調

  7. 日本の希望だ。ドラクエ、メルカリ【オールゲームニッポン】

  8. 週間ゲーム機販売ランキング 2003年11月17-11月23日

  9. 【東日本大地震】アミューズメント施設の閉店、営業時間短縮について

  10. 「日本クリエイション大賞」の授与式が開催―宮本茂氏と任天堂開発チームが大賞受賞

アクセスランキングをもっと見る