人生にゲームをプラスするメディア

日本一ソフトウェア、第3四半期業績を発表―DSなど新市場に挑戦も成果は芳しくなく

ゲームビジネス その他

日本一ソフトウェアは、平成21年3月期 第3四半期業績を発表しました(4月1日〜12月31日)。

それによれば、売上高は13億1800万円、営業利益は0円、経常損失は1100万円、純損失は1億1000万円と厳しい結果となりました。

主たる理由として同社では、新規に参入したニンテンドーDSで『ザ・コンビニDS』や、PSPで『プリニー〜オレが主人公でイイんスか?』などを発売し購入者からは高評価を得たものの、期待していたほどの新規ユーザーを獲得するには至らなかった点を挙げています。一方で、海外で発売した『Disgaea3』は予想を上回る販売本数があったとのこと。

第4四半期では『魔界戦記ディスガイア 2 Portable』(PSP)や『ファントム・ブレイブ Wii』(Wii)など複数タイトルの発売を予定しているものの、現時点での受注状況を見る限り、第3四半期までを取り戻すことは難しいとして、通期の業績予想を下方修正しています。

加えて、繰延税金資産を全額取り崩し、5300万円を計上していることから、純利益はマイナスとなっています。

修正後の連結通期業績予想は、売上高20億3400万円(従来予想-29.0%)、営業利益1億円(-69.5%)、経常利益8000万円(-74.7%)、純損失100万円となります。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

    【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

  2. インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

    インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

  3. BitSummitの上階で開催された「MegaBitConvention」フォトレポ―広大な会場にトガッた作品が集結

    BitSummitの上階で開催された「MegaBitConvention」フォトレポ―広大な会場にトガッた作品が集結

  4. 【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

  5. 【特集】パルマー・ラッキーの裏側―次は『君の名は。』三葉のコスプレを

  6. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  7. 任天堂、初の社外取締役を起用へ

  8. Nintendo Services USAを清算へ

  9. 【レポート】日本のゲーム産業に対する大いなる誤解―角川ゲームス安田氏の基調講演

  10. ゾンビになって映画を一足先に体験!?VR映像『BIOHAZARD VENDETTA : Z Infected Experience』5月24日配信

アクセスランキングをもっと見る