人生にゲームをプラスするメディア

これぞ完全版!?『海腹川背・旬 セカンドエディション完全版』2009年4月2日発売

Genterpriseは2009年2月6日(金)に、ニンテンドーDS向けソフト『海腹川背・旬 セカンドエディション完全版』を2009年4月2日に発売すると発表しました。

任天堂 DS
海腹川背・旬セカンドエディション完全版
  • 海腹川背・旬セカンドエディション完全版
  • 海腹川背・旬セカンドエディション完全版
  • 海腹川背・旬セカンドエディション完全版
  • 海腹川背・旬セカンドエディション完全版
Genterpriseは2009年2月6日(金)に、ニンテンドーDS向けソフト『海腹川背・旬 セカンドエディション完全版』を2009年4月2日に発売すると発表しました。

ラバーリングアクション『海腹川背』は、1994年にスーパーファミコン用ソフトとして発売され、そのアクション性の高さと、個性的で優しい雰囲気を持つ近藤敏信氏のキャラクターとイラストレーションで根強いファンを生み出した名作ゲームです。

本作はシリーズ中もっとも人気の高いPS版『海腹川背旬セカンドエディション』(2000年1月26日発売)をDSに移植したものとなります。「オリジナル版開発スタッフによる挙動およびそのアクション性の忠実さに関するチェックを受け、さらに新規ステージも同様にオリジナル版スタッフによる監修を経て構成されており、シリーズ1作目から引き継がれているアクションとステージ攻略の自由度を損なうことなく再現しました」とのことで、海腹川背ファンにとっては、心から待ち望んだ作品がやっと登場することとなります。

ゲーム内容は昔と変わらず、主人公の「海腹川背さん」を操作して、出口を目指すステージクリア型のアクションゲームです。出口にたどり着くには、壁や天井に引っ掛けることができるルアーを使用。ゴムのように伸び縮みする釣り糸をロープ代わりに駆使して、さまざまな障害を飛び越えゴールすれば、ステージクリアです。ルアーを壁や天井に引っ掛けるだけではなく、その反動を利用すれば、通常では乗り越えられない障壁を越えられることも。ただし、魚(敵)と接触する、海に落ちる、タイムオーバーなどでミスとなります。

とにかく工夫次第でプレイヤー独自の攻略方法が見つかる、攻略自由度の高さが『海腹川背・旬 セカンドエディション完全版』の特徴。DS版オリジナルステージは、初級者向け〜中上級者向けに構成されたステージとなっていますが、倒した敵キャラクターの数や種類のランキング表示などあらたなやり込み要素も追加されています。DSワイヤレス通信でリプレイデータを送受信することも可能です。

『海腹川背・旬セカンドエディション完全版』は、2009年4月2日発売予定で、価格は5,040円(税込)です。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. PS4/スイッチで最新作『スーパーロボット大戦T』発売決定!「楽園追放」「カウボーイビバップ」「レイアース」「わが青春のアルカディア」が新規参戦【UPDATE】

    PS4/スイッチで最新作『スーパーロボット大戦T』発売決定!「楽園追放」「カウボーイビバップ」「レイアース」「わが青春のアルカディア」が新規参戦【UPDATE】

  2. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

    『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  3. 『スマブラSP』ファイターをサポートする強力アイテム「アシストフィギュア」―初登場の新キャラたちをまとめてチェック!

    『スマブラSP』ファイターをサポートする強力アイテム「アシストフィギュア」―初登場の新キャラたちをまとめてチェック!

  4. 『DOAX』シリーズ最新版がスイッチ/PS4で発売決定―HD振動を活かした新エンジン「やわらか4D」でこれまでにない揺れを体感せよ!

  5. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  6. 『ポケモン ピカ・ブイ』は初代と比べてどのくらい進化した!?20年の歳月はここまで『ポケモン』をすごくした!

  7. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  9. 『ポケモン ピカ・ブイ』の魅力は声優陣も狙い打ち! 当時を思い出す梶裕貴、スイッチデビューの丸山有香─悠木碧は「そう、イーブイはいる…」と熱弁

  10. 『スマブラSP』DLCで参戦してほしいファイターは誰?【読者アンケート】

アクセスランキングをもっと見る