人生にゲームをプラスするメディア

火事で燃えたWiiとGBAを任天堂が交換

任天堂のカスタマーサービスは非常に優れていると言われますが、それを実証するような心温まる話が海外から飛び込んできました。

ゲームビジネス その他
火事で燃えたWiiとGBAを任天堂が交換
  • 火事で燃えたWiiとGBAを任天堂が交換
  • 火事で燃えたWiiとGBAを任天堂が交換
任天堂のカスタマーサービスは非常に優れていると言われますが、それを実証するような心温まる話が海外から飛び込んできました。

主人公はPsyduckWarrior(ペンネーム)さん21歳。スポーツ管理学を学ぶ大学生です。そして、大の任天堂ファン。ゲームコレクションは250を超え、WiiやDSはもちろんのこと、動作するバーチャルボーイや海外未発売のゲームボーイライトまで保有していました。

そんな彼に悲劇がやってきます。

ある日、普通のように大学に行き、帰ると家は火事で全焼。幸いなことに家族に怪我はありませんでしたが、家具や一緒に暮らしていたペット、そしてもちろん膨大なゲームコレクションは炎に焼き尽くされてしまいました。耐久性に優れている任天堂ハードも家を包んだ炎の前には無力でした。更に不幸な事に家族は保険に入っておらず、失われたものは帰ってきそうにありませんでした。

溶けてしまったGBASP家は見るも無残


しかし大の任天堂ファン。もう一度Wiiを買おうと思い、任天堂に「Wiiショッピングチャンネルのアカウントはどうしたらいい?」という質問を送りました―――燃えて無残な姿になったWiiとGBAの写真と共に。

2週間後、反応がありました。任天堂の担当者は、彼らの家族が無事であるか心配し、そして、WiiとGBAを交換したいと申し出ました。焼け跡から回収できなかった他のハードは失われたものの、彼は溶けてしまったWiiとGBAを任天堂に送り、そして新しいWiiとGBAを受け取ることができたそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

    CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

  2. 【DEVELOPER'S TALK】世界観も開発体制も一新!『ソウルキャリバーV』世界一の武器格闘ゲームであり続けるための挑戦

    【DEVELOPER'S TALK】世界観も開発体制も一新!『ソウルキャリバーV』世界一の武器格闘ゲームであり続けるための挑戦

  3. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  4. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 女性向けゲームブランド「QuinRose」のアートムーヴが事実上倒産 ― 『ハートの国のアリス』シリーズなど

  6. 基本無料ではなく完全無料!? 『Unreal Tournament』シリーズ最新作の挑戦

  7. 【CEDEC 2010】ゲーム開発を民主化する「Unity」日本市場にも注目

  8. 任天堂が65歳定年制を導入

  9. 【CEDEC 2011】面倒な事はコンピューターにやらせよう・・・Ruby開発がおしえてくれたこと

  10. 任天堂がマイクロソフトにレア社を売却した経緯とは・・・3億7500万ドル巨額買収の裏側

アクセスランキングをもっと見る