人生にゲームをプラスするメディア

EA、「ジェイソン・ボーン」シリーズを含むロバート・ラドラム作品の独占ビデオゲーム化権を取得

エレクトロニック・アーツは現地時間2008年2月2日(月)、ラドラム・エンターテインメントと複数年契約を結び、「ジェイソン・ボーン」シリーズを含むロバート・ラドラム作品をビデオゲーム化する、ワールドワイドでの独占ライセンスを獲得したことを発表しました。

ゲームビジネス その他
エレクトロニック・アーツは現地時間2008年2月2日(月)、ラドラム・エンターテインメントと複数年契約を結び、「ジェイソン・ボーン」シリーズを含むロバート・ラドラム作品をビデオゲーム化する、ワールドワイドでの独占ライセンスを獲得したことを発表しました。

ビデオゲーム化の第一作目として、映画もヒット作となった「ジェイソン・ボーン」シリーズに基づいたタイトルをスウェーデンのウプサラにあるスターブリーズ・スタジオで開発中です。ロバート・ラドラムのアクション満載で緊迫感のあるストーリーが、ゲームでも再現されます。

ラドラム・エンターテインメントは多作の人気作家ロバート・ラドラムの著書のポテンシャルをマルチ・プラットフォームにおいて引き出すため設立。“ジェイソン・ボーン”シリーズや“秘密組織カヴァート・ワン”シリーズをはじめとするラドラムの作品を世に送り出しています。 ロバート・ラドラムの著書は、1971年以来、世界中で2.9億冊以上販売され、32ヶ国語に翻訳されています。マット・デイモン主演の映画“ジェイソン・ボーン”シリーズは全世界で総額約10億ドルを売り上げるヒット作となりました。
《池本淳》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. バンダイナムコ、D3パブリッシャーを買収へ―友好的TOB

    バンダイナムコ、D3パブリッシャーを買収へ―友好的TOB

  2. カプコン、『ロックマン』新作含むTGS用タイトル発表【21時15分Update】

    カプコン、『ロックマン』新作含むTGS用タイトル発表【21時15分Update】

  3. サイバーエージェントグループのeStream、中国のフィギュア市場拡大で中国支社を設立―2023年には1541億円規模を見込む

    サイバーエージェントグループのeStream、中国のフィギュア市場拡大で中国支社を設立―2023年には1541億円規模を見込む

  4. バンダイナムコ、2013年第3Q業績は経常益46.2%増 ― ソーシャルゲーム好調、業績予想も上方修正

  5. 『コロリンパ』が携帯でも遊べるように

  6. 【China Joy 2014】中国CMGEが東映アニメーション、グリー、コーエーテクモ、SNKプレイモアと提携

  7. BitSummit MMXIIIで見た「日本人ゲーム作家たちの」想像力・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第27回

  8. 任天堂アメリカが海外YouTuberに「著作権侵害」申し立て―怒りを露わにした批判映像も

  9. 秋葉原に新デジタルサイネージ登場、等身大キャラ「さとうささら」がアニメイトで情報発信

  10. バンダイナムコ、小学生にネットリテラシーを専用SNSで教育する「TamaGoLand」展開

アクセスランキングをもっと見る