人生にゲームをプラスするメディア

【ゲームニュース一週間】SCEとマイクロソフトの舌戦

ゲームビジネス その他

先週は風邪でダウンしてしまいました。過労もあったのか、立っていることすら難しいという有様で、健康の大切さを思い知った次第です。先週と今週は、SCEとマイクロソフトの舌戦に関する記事が注目を集めました。

ソニー・コンピューター・エンターテイメント(SCE)の平井一夫氏がOfficial PlayStation Magazineのインタビューで「任天堂は別世界の存在であり競争相手とは見ていない」「Xbox360は短命」「よほど状況が悪くならない限り、Xbox360がプレイステーション3を上回ることはないだろう」と発言。

これに対しマイクロソフトのAaron Greenberg氏は「プレイステーション3が我々に追いつくようなどんなシナリオも想像できない」「この世代のゲーム機戦争がハードウェアスペックだけで決着がつくものではなくオンラインとソフトウェアでの意識革新が必要」と反撃。

Wedbush Morgan証券のアナリストであるMichael Pachter氏が「プレイステーション3が値下げを行えばブルーレイ効果と日本でのアドバンテージによりトータルでの台数はXbox360に追いつく」と援護射撃をしたというのが事のあらまし。

不言実行の日本とは異なり、海外では自己主張も大切とされています。ライバルであるハードウェアメーカーどうしが互いに自己主張するのは、海外の視点からすれば不思議でも何でもありません。クリスマスなどのシーズンに「ウチはこれだけ売った!」「いや、こっちはもっと売った!」というリリースが飛び交うのは賑やかでお祭り的でさえあります。ライバル同士がなにか発言するたびにマスコミも注目するのですから、こうした自己主張は業界全体のムード作りとして重要な意味を持っています。自己主張という表現を使いはしましたが、自分のためばかりの発言ではないのです。

しかし、このやりとりは自己主張の域を超えています。自分の業績を誇るだけではなく他社への言及も含まれています。「ウチはこれだけ売った!」という自己主張であれば、そのハードを持っている人も幸せな気持ちになれます(自分が持っているハードが売れて不快な人はいないでしょう)。

しかし「Xbox360は短命」「プレイステーション3はこっちに追いつけない」では、Xbox360ユーザーとプレイステーション3ユーザーのどちらもあまり愉快な気分はしないでしょう。では、全てのハードが統一されればよいかといえばそうではありません。

ゲーム機に種類があるということはゲームの多様性に直結します。多彩なゲームがあれば、状況が変化してもどれかの種類は生き残ることができます。WiiやニンテンドーDSがいい例で、リモコン操作やタッチパネルといった多様性で、ライト層という土壌にしっかり根付きました。逆に、従来型のゲームを育み、コア層に根付くのがXbox360やプレイステーション3の役割。ハードに種類が生まれることで、ゲームは二つの土壌で生き残ることができたのです。ゲーム機は違いがあるからこそ素晴らしいのです。

ゲームという娯楽が生き残るためには群雄割拠の状態が望ましいのですが、シビアなビジネスの世界とはいえ、自らの力を誇り他社の力を認める、そんな戦国時代であって欲しいというのは理想主義すぎるでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

    美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  2. アークシステムワークスが『LoL』のRiot Gamesを訪問

    アークシステムワークスが『LoL』のRiot Gamesを訪問

  3. 【レポート】怪獣ゲームなのにモッサリしてない!特撮VR『大怪獣カプドン』で街をめちゃくちゃにしてみた

    【レポート】怪獣ゲームなのにモッサリしてない!特撮VR『大怪獣カプドン』で街をめちゃくちゃにしてみた

  4. 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

  5. LINE、サイバーエージェントと合弁会社を設立して「LINE GAME」向けに提供

  6. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  7. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

アクセスランキングをもっと見る