人生にゲームをプラスするメディア

次世代ワールドホビーフェア09winter東京会場レポート

ゲームビジネス その他

次世代ワールドホビーフェア09winter東京会場レポート
  • 次世代ワールドホビーフェア09winter東京会場レポート
  • 次世代ワールドホビーフェア09winter東京会場レポート
  • 次世代ワールドホビーフェア09winter東京会場レポート
  • 次世代ワールドホビーフェア09winter東京会場レポート
  • 次世代ワールドホビーフェア09winter東京会場レポート
  • 次世代ワールドホビーフェア09winter東京会場レポート
  • 次世代ワールドホビーフェア09winter東京会場レポート
  • 次世代ワールドホビーフェア09winter東京会場レポート
小学館が毎年主催する恒例のイベント次世代ワールドホビーフェア。東京会場は1月24日と25日に開催されたので行ってきました。会場の様子をレポートします。



東京会場は幕張メッセで2日間に渡り開催。初日はとても外気温が寒く、雪混じりの雨の中(午後は止みました)行ってきました。会場の中に入ると既に多くの人が来場し、会場の熱気で寒さは吹き飛んでしまうほどでした。



任天堂は『街へいこうよ どうぶつの森』と『Wiiであそぶ マリオテニスGC』の2タイトルを出展。どちらも1時間以上の待ち時間の列が出来ていました。



体験コーナー付近では「Wiiで始める 街へいこうよ どうぶつの森 ごあんない」が配布されていました。お姉さんから1部頂きました。



ステージ上では『Wiiであそぶ マリオテニスGC』の紹介や対戦イベントが行われていて盛り上がっていました。



残念ながらDSソフトの出展はありませんでしたが、ニンテンドーDSiのカメラでマリオと一緒に写真撮影が出来るコーナーもありました。こちらは写真をプレゼントしてくれると言うことで人気を集め、13時回った頃には受付が終了していました。



レベルファイブブースでは、『イナズマイレブン』のトレーディングカードのコーナーが設けられていて、自由に対戦することができました。参加した人には参加賞がプレゼントされていました。



DS版『イナズマイレブン』では、スペシャルキャラクターの配信が行われていて、沢山のユーザーが受信していました。



DS版『イナズマイレブン』勝ち抜き大会も開催され、レベルファイブブースはイナズマイレブン一色で大いに盛り上がっていました。待ち時間はなんと120分!勝利すると缶バッチが貰えました。



こちらはバンダイナムコゲームスのDS『ひらめきアクション ちびっこワギャンの大きな冒険』。会場では体験版の配信が行われていました。ステージ上でもイベントが行われていました。



他には、アクションゲーム『風のクロノア door to phantomile』、バランスWiiボードで体感スキー『ファミリースキー ワールドスキー&スノーボード』、Wiiリモコンをぼんぼんに見立てて誰でも本格的なチアが出来ちゃう『WE CHEER(ウィーチア)』、お馴染み人気リズムゲーム『太鼓の達人Wii』のWii4タイトル出展されていました。



『太鼓の達人Wii』は常に長蛇の列が出来ていて、小さな子供も多くプレイしていました(しかもうまい!)。プレイした人には「太鼓の達人オリジナル名刺」が貰えました。



他には、本物の「ソラえもん号」が展示。旧ドラえもん世代の人も懐かしくも思えるのではないでしょうか。



ドラえもんグッズ専門店のドラエティショップ「ドラや」も会場内に出店。



ぬいぐるみ、ご当地ストラップ、ドラえもんエプロンを初めとした様々なグッズが販売されていました。セガから発売されているDSやWiiのドラえもんゲームは残念ながら取り扱っていませんでした。



DSでアニメやコミック、小説などが読めるサービスの「DSvision」ブースでは、劇場版ポケットモンスターをDSで見ることができました。即売もされていて、「ミュウと波導の勇者ルイリオ」の購入者には既に発売されている他の映画のソフトがプレゼントされていて、欲しい人にはお買い得な買い物になっていました。



コナミは『ペンギンの問題 最強のペンギン伝説!』『実況パワフルプロ野球NEXT』『パワプロクンポケット11』を出展。



『パワプロクンポケット11』の試遊スペースは学校の教室を見立てていて、とても凝った作りでした。黒板に習字に掲示板。遠い昔、こんな感じで勉強してたなぁと、懐かしく思えました。習字に書かれている文字がいい味出しています。

Wiiで発売される『実況パワフルプロ野球NEXT』も出展。今回はシリーズ初4人対戦が可能になり、会場では2人対戦と4人対戦どちらか好きなほうを体験することが出来ました。Wiiリモコンを振って遊ぶ「リモパワモード」も健在です。



スクウェア・エニックスブース。先日、日本での発売が発表された『メジャマジ・マーチ』を体験することが出来ました。試遊してくれた人にはオリジナル筆箱が貰えました。



他には『キングダムハーツ 358/2 Days』、『ピングーのワクワク♪カーニバル』や『スヌーピーDS〜スヌーピーと仲間たちに会いにいこう!』が出展されていました。



タイトーブースでは、既に発売中のWii『クッキングママ 2 たいへん!! ママはおおいそがし!』、DS『クッキングママ2』『ペットショップ物語DS』に、3月29日発売予定の『ガーデニングママ』の4タイトルが出展。小学生の女の子に人気のコーナーでした。



エレクトロニック・アーツは、既に発売中の『ぼくとシムのまち キングダム』に加え、『シムアニマル』、『ぼくとシムのまち パーティ』のWii版とDS版両方出展。記念撮影を出来る機会も設けられていました。会場で発表されたタイトル(DS)については、情報が届き次第お伝えします。



カプコンは『流星のロックマン3』がメインとなっていて、大会やデータ配信などが行われて、来場者はデータを受信したり対戦をしたり盛り上がっていました。



他にも『タツノコvs.CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES』、『ワンタメミュージックチャンネル』も出展。プレイするとオリジナルグッズが貰えました。



少年サンデーブースでは、PSP向け『ハヤテのごとく! ナイトメアパラダイス』を体験することが可能でした。アニメの第2期放送が発表されていました。名探偵コナンと金田一少年が夢の共演する『名探偵コナン&金田一少年の事件簿 めぐりあう2人の名探偵』は映像のみでした。名探偵コナンと金田一少年がどんな事件に巻き込まれるのか今から楽しみです。

これまで「名探偵コナン」は、ゲームボーイから多数ゲーム化されていて、近年はDSで発売された『探偵力トレーナー』や『消えた博士とまちがいさがしの塔』は、違うジャンルだったので久々の推理アドベンチャーゲームとなります。



最後にSCEブース。PS3『リトルビッグプラネット』を初め、PSP『キングダムハーツ バース パイ スリープ』『パタポン2 ドンチャカ♪』『LocoLoco 2』『クランク&ラチェット マル秘ミッション☆イグニッション!』『ワールドサッカー ウイニングイレブン 2009』が体験出来ました。



SCEブースの角では『どこでもいっしょ』など、SCEの人気キャラクターのグッズ販売も行われていました。どこいつグッズが購入できる「トロのおみせ」でも様々なグッズが販売されています。
http://www.toro.ne.jp/pc_top.html

会場内をぐるっと回ったレポートをお届けしました。大阪会場と東京会場が終わり、名古屋会場は2月1日にナゴヤドーム、福岡会場は2月8日にYahoo!Japanドームでこれから開催されますので、お近くに住まいの方は遊びに行ってみてはいかがでしょうか。



最後に写真撮影コーナーに居たマリオを色々撮ってみました。マリオと記念撮影が取れる滅多に無い貴重なチャンスです。マリオと記念写真を撮りたい人は早めに任天堂ブースへ!
《》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

    CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

  2. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

    日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  3. 今週発売の新作ゲーム『CLOSED NIGHTMARE』『GROOVE COASTER』『太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!』他

    今週発売の新作ゲーム『CLOSED NIGHTMARE』『GROOVE COASTER』『太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!』他

  4. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  5. 任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】

  6. 米ゲーム業界誌Gamasutra、「2012年のゲーム業界人50選」を発表 日本からも複数人が選ばれる

  7. 閉店になった洋ゲー専門店「ゲームハリウッド」、海外ゲームソフトは「未来百貨」で販売継続

  8. ゲーム会社が本気でスマホソーシャルゲームに挑む、サイバーコネクトツー『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』・・・第1回「3Dモバイルゲーム新時代」

  9. 【TGS2016】目線でロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』で敵をなぎ払ってみた

  10. 【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

アクセスランキングをもっと見る