人生にゲームをプラスするメディア

5歳の少年、ゲームでパニックに−母親はゲーム機を返品

CBSは米カールズバッド市に住む少年がゲームからパニックを起こした事件を報じています。

ゲームビジネス その他
CBSは米カールズバッド市に住む少年がゲームからパニックを起こした事件を報じています。

5歳の少年Michael Clingerman君は、任天堂のゲームをプレイ中、気分が悪くなりパニックとなってしまいました。

母親であるIsabelle Clingermanさんは、当時の様子に関して「息子は手が痛い、気分が悪いといって泣き叫びました。息子が経験していたのはゲームによる一種の乗り物酔いでした」と述懐します。

Isabelleさんはゲーム機を返品。「私はこのゲームをどの親にも勧めません。ゲームは子供と外で遊ぶことや読書の代わりにはなりません」とコメントしています。

問題となったゲーム機及びゲームソフトの種類は明かされていませんが、任天堂はコメントを辞退したとのことです。

神経科医のJames Grisolia氏はCBSの取材に対し、1997年に放映されたTVアニメ「ポケットモンスター」の視聴者が光過敏性発作などを引き起こした事件を例に挙げ、ゲームが偏頭痛や乗り物酔いを引き起こすのは画面のフラッシュが原因であるとする見解を表明。

身体的な痛みを感じるまでになるのは珍しいとしながらも、外で遊ばないことによる肥満や他の子供たちとの社会的な活動の欠如がゲームの問題点であるとしています。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2020年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2020年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

    【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  3. 【CEDEC 2010】作りたいゲームを作るための作戦~サイバーコネクトツー松山氏

    【CEDEC 2010】作りたいゲームを作るための作戦~サイバーコネクトツー松山氏

  4. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  5. 見落としや煩雑さが激減し、プロジェクト進捗管理が円滑に――『コトダマン』制作過程における「SHOTGUN」導入事例【CEDEC 2018】

  6. チップチューンでバトルする女子高生DJを描くノベルゲーム『西武ロードリスト蘭のチップチューン地獄』とは

  7. 任天堂がバンダイの株取得について追加情報

  8. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  9. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

  10. 「ブランド・ジャパン2005」で任天堂が20位に

アクセスランキングをもっと見る