人生にゲームをプラスするメディア

5歳の少年、ゲームでパニックに−母親はゲーム機を返品

CBSは米カールズバッド市に住む少年がゲームからパニックを起こした事件を報じています。

ゲームビジネス その他
CBSは米カールズバッド市に住む少年がゲームからパニックを起こした事件を報じています。

5歳の少年Michael Clingerman君は、任天堂のゲームをプレイ中、気分が悪くなりパニックとなってしまいました。

母親であるIsabelle Clingermanさんは、当時の様子に関して「息子は手が痛い、気分が悪いといって泣き叫びました。息子が経験していたのはゲームによる一種の乗り物酔いでした」と述懐します。

Isabelleさんはゲーム機を返品。「私はこのゲームをどの親にも勧めません。ゲームは子供と外で遊ぶことや読書の代わりにはなりません」とコメントしています。

問題となったゲーム機及びゲームソフトの種類は明かされていませんが、任天堂はコメントを辞退したとのことです。

神経科医のJames Grisolia氏はCBSの取材に対し、1997年に放映されたTVアニメ「ポケットモンスター」の視聴者が光過敏性発作などを引き起こした事件を例に挙げ、ゲームが偏頭痛や乗り物酔いを引き起こすのは画面のフラッシュが原因であるとする見解を表明。

身体的な痛みを感じるまでになるのは珍しいとしながらも、外で遊ばないことによる肥満や他の子供たちとの社会的な活動の欠如がゲームの問題点であるとしています。
《水口真》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. Unreal Engineを使ったスクウェア・エニックスの業務用向け『超速変形ジャイロゼッター』の開発

    Unreal Engineを使ったスクウェア・エニックスの業務用向け『超速変形ジャイロゼッター』の開発

  2. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

    【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  3. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

    YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  4. PSVitaでより楽しめるようになった人気テニスシリーズ最新作『パワースマッシュ4』

  5. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

  6. Google、自社ブランドのスマートフォン「Nexus One」を正式発表

  7. シフトがWW向け新作アクションRPGを開発中と明らかに!『ゴッドイーター』や『フリーダムウォーズ』を手掛けたスタジオ

  8. スクウェア・エニックスが買収の噂を否定―売却の検討や提案を受けた事実なし

  9. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

  10. 【ゲーム×法律】ゲームの利用規約違反で制裁、どこまで許される?

アクセスランキングをもっと見る